一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 28日

お疲れモード

昨日は、3週間ぶりの大将のお休みの日でした。
交代で休みをとっているので、毎日一人、お休みですが、大将のお休みが入ると、
月曜日の休みが二人になって、週末しか出勤しない私は、月曜日も出勤となります。
最近、真面目に本職の仕事をしているので、掛け持ちのお仕事にちょっと、疲れて
来たところです…。
そんな中、昨日は大将がお休みなので、大将はマッサージに行って、帰宅後自宅で
リラックスしてましたが、私は朝から自宅で仕事…。
なんだか、一人働いている横でリラックスされると、イラっときてしまう、心の狭い
私です。「亭主元気で留守がいい!」とつぶやきながら、仕事してました!!!

気合いで仕事を終わらせて、夜は近くのお店で、食事に行きました〜。
自宅から歩いて、真っすぐの大宮にある、ひっそりと佇む『hime』さんへ。
f0232994_29858.jpg



大人の隠れ家の様な空間で、日々の雑多な色々を忘れさせてくれるお店です。
モダンな空間でいただく創作和食は、本当に美味しくておどろきの連続です。
【ワタリガニと桃をあわせた前菜】も美味しくて、びっくりでしたし、【スッポンの
カルパッチョ】も絶品でした…。オーナーは本当に料理が好きなんだな〜と感じる、
愛のある創作和食です。最後の【スッポン鍋】美味しいスープとコラーゲンで元気を
いただきました♪写真がブレブレですみません。
f0232994_2234921.jpg



シャンパンと日本酒、美味しいお食事で、食事半ば撃沈した男!
いつもの事なので、慣れていますが、素敵な空間で、いびきが聞こえてくると…。
お恥ずかしい限りです!
f0232994_2282949.jpg



「お疲れなんですね〜」と優しいお言葉をかけていただきましたが、毎回なので
頭をはたきたくなる私であります。最後のお会計の時も寝てたので、優しく?たたいて
起こしました…。やれやれ…。
[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-07-28 02:34
2010年 07月 27日

土用の丑の日

昨日は『土用の丑の日』でしたね♪
みなさんも“うなぎ”食べましたか〜?
そもそも、『土用の丑の日』って何なのかよくわからずでしたが、今年はちゃんと
調べました!!何でもスイスイとパソコンで調べられるなんて、良い時代です。
こちらのページがわかりやすかったです。
一刻堂でもよく“うなぎ”の注文が入りました〜。電話で来店を確認される時にも
「うなぎキープしておいてね」と注文されるお客様も何人かいらっしゃいました♪
一刻堂でだしている“うなぎ”は柳川産の天然うなぎです。
“天然うなぎ”ですので、身はしっかりと弾力があり、養殖と違い、脂はくどくなく
白焼きで、わさびかお塩で、さっぱり食べるか、蒲焼きで、白ご飯と一緒に食べるか
悩むところです…。
f0232994_5372770.jpg

f0232994_5373725.jpg



夜まかないも“うなぎ”でした♪営業前はみんなで!夜まかないは、二人か一人ずつに
順番に食べます。2階の事務所で食べてますが、エアコンの効きが悪い上、冷蔵庫のファン
の熱風と混じって、超!暑いのです!
大将が、柳橋で一人一匹ずつ買ってくれてましたが、「私の分がない!」と文句言ってたら
携帯のメールが…。大将の妹さんからで「お母さんが買ってくれたうなぎを冷蔵庫に入れて
ます」と♪さすが!お義母さん♪感謝です!と、いう事で、まかないも、我が家の晩ご飯(早朝)
も“うなぎ”でした!写真はちょっとピンボケぎみのじろうちゃん♪
f0232994_5511174.jpg



北海道からとうもろこしの『ピュアホワイト』が届きました♪
「真っ白なトウモロコシ」ですごく甘いそうです。
この白いトウモロコシを栽培するのはとても難しいらしく、他の黄色いとうもろこしの花粉が
混ざらないよう、離してして育てなければならなく、花粉が風に運ばれる距離の300m以上も
以上も離して栽培されているらしいです。北海道だからできるワザですか!?
栽培が大変だったので、一時期は生産している農家がほとんどいなかった為、「幻のトウモロ
コシ」とも呼ばれていたとか…?!
果物のように生のまま食べることができ、粒皮はやわらかく、「サクサク」「シャキシャキ」の
食感で、加熱することにより、粒がすこしモチっとなります。もちろん皮もやわらかく、果汁は
いっそうジューシーになり、まろやかでとても美味しい『とうもろこし』です。
f0232994_653040.jpg

[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-07-27 06:07
2010年 07月 26日

酒に笑うバスツアー呼子行

またまた!大将!『住吉酒販』さんの美味しそうなバスツアーに参加して来ました。
セゾンドールさん×花の露さん×漁師・袈裟丸さん

『住吉酒販』のショウジマタケヤスさんの7月3日のブログより
【呼子の潜り専門の漁師 袈裟丸さんが採ってくる旬の極上「うに・あわび・サザエ」等に
セゾンドール、前山シェフのミラクルなコース料理に、
福岡の酒で「うに」に一番合う、といっても過言ではない抜群の食中酒「花の露 純米」
を合わせていきます。】

なんだか、とっても美味しそうな企画です。
大将の食べて来た写真を見ると、かなり…!うらやましい!!


では、みなさんも、写真でお楽しみ下さい♪
一刻堂でもおなじみ、久留米市城島町の『花の露』さん!
f0232994_5162961.jpg



f0232994_516468.jpg



七山とうもろこしのソルベ
f0232994_5184916.jpg


塩紫ウニ 塩馬糞ウニ
f0232994_5201526.jpg


松茸と赤ウニの燻し焼き
f0232994_5205652.jpg


“七山”キタ紫すり流し
f0232994_5213472.jpg


“呼子”地蛸の柔らか煮、茄子ジュレがけ
f0232994_5224029.jpg


“松島”足赤海老と肥前鱧のボイル、夏野菜添え
f0232994_5242630.jpg

f0232994_524368.jpg


“呼子”クロ蚫と上場牛蒡のコンビ
f0232994_5255148.jpg


“呼子”おこぜ 低温蒸し、モズクソース
f0232994_5264671.jpg


“佐賀”牛イチボ肉炭火焼き、トリュフリゾット添え
f0232994_5281640.jpg


デザート パイン・梨・プラム・チョコレートぜんざい、オリエンタル風
f0232994_530066.jpg


花の露 生酛21BY(未発表) 清々しい、ラベルのデザインですね〜♪
f0232994_5351176.jpg


大将、すごく!イイ感じで帰って来ました。
なんだか…新発見があったのか?!良い刺激を受けて帰って来た事は間違いないでしょう♪
[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-07-26 05:40
2010年 07月 25日

師匠

真夏日の太陽サンサンの日が続いていますが、みなさん!どのようにお過ごしですか?
大将はエアコン大好きで、寝る時もエアコンをガンガンかけて寝ていますが、エアコン
のおかげで、鼻水ズルズルの夏風邪をひいていました〜。そのうち治るでしょう…。


昨日は午前中から、いつもの糸島方面ヘドライブ!!!
大将の師匠も一緒です!師匠と弟子のツーショットです!!!
大将が師匠のお店で働く前からのお付き合いなので、かれこれ…20年くらいになるので
しょうか…?!
独立する時も、多大な応援、支援をいただきました〜。
師匠は、私達が想像を絶するような経験をお持ちで、幾つもの大きな山と谷を何度も
超えられています。そのためか、人間の器が違います!!めちゃくちゃデカいのです…。
しかし、いくつになられても、エネルギーいっぱいで、何歳になってもチャレンジ精神は
持っていたいと思わせてくれる、師匠でありました…♪
何かとマイペースな師匠、弟子はそんな師匠のおともで、少々お疲れぎみでした…。
f0232994_13581554.jpg



こちら、『満願寺ししとう』京野菜です。京都府舞鶴市満願寺地区で誕生したといわれ、
この地区の『満願寺』という寺の名前に由来してます。
炭火で焼いてお出ししています。金山寺みそと一緒にどうぞ!
見た目は、大型ししとうですが、とっても甘く美味しいですヨ。しかし、たま〜に辛いのが
混じっています!!!その当り(?)をかじったら、ヒーヒー言わされます…。
f0232994_14123315.jpg



こちら、『バナナメロン』と『バナナししとう』
なんだか????なお野菜です…。『バナナメロン』は黄色いうりです。サラダの色合いを
もたせるのに良さそうなお野菜です。
『バナナししとう』も黄色いししとうです。黄色い色した野菜になぜ『バナナ』と名前を
付けるのでしょうか?味はバナナと関係なさそうです。
『バナナししとう』は肉厚でサラダやマリネに良さそうなお野菜です。
f0232994_1420526.jpg



こちら、最近の私の師匠…?!みなさんも読まれていますか?ピーター・ドラッカーの本!
ピーター・ドラッカー、はオーストリア生まれの経営学者、社会学者で、「現代経営学」
「マネジメント」の発明者とも言われています。ユニクロのCEO柳井正氏が、ドラッカー
の思想を経営に取り入れているのは有名ですね!
中には難しい本も多く、今までさけていました。しかし、この本はすごく解りやすい
です。この本を入門として、ドラッカー氏著書の本も読んでみたいと思いました!
『実践するドラッカー〔思考編〕』のまえがきより〜
「成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢や基礎的な
方法を身につけているかどうかの問題である。」
まだ、思考編しか読んでいませんが、是非、若い人に読んでほしいと思いました…!
f0232994_14565957.jpg

[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-07-25 15:00
2010年 07月 24日

夏まんてん

先週7月16日に紹介した、『富久千代酒造』さんの鍋島、夏の吟醸酒、『Summer Moon』
にひき続き、またまた、夏の限定の日本酒。
鳥取県八頭郡智頭町、『諏訪酒造』さんの夏の生! 『純米吟醸 満天星 夏☆まんてん』
フレッシュな夏の生酒です♪精米歩合50%の大吟醸クラスのスッキリ爽やかな飲み口、
夏に飲みやすくアルコール度数を少し低めに、14〜15%です。
女性におすすめです。爽やかなので、スイスイいっちゃいそうな飲みすぎ注意のお酒です♪
瓶もラベルも夏らしく、涼しげですヨ〜。
鍋島の『Summer Moon』といい、『満天星 夏☆まんてん』といい、夏と言えば、夜でしょうか?
清少納言の『枕草子』でも夏は夜がよいと、歌われています。
「夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。
また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし」
(現代語訳)
「夏は、夜がよい。満月の時期はなおさらだ。闇夜もなおよい。蛍が多く飛びかっているのがよい。
一方、ただひとつふたつなどと、かすかに光ながら蛍が飛んでいくのも面白い。
雨など降るのも趣がある。」
夏の夜空のもと、空に輝く月や星を想像しながら、夏のお酒をお楽み下さい♪
f0232994_5391922.jpg



こちら、『ヒルトン福岡シーホーク』の34階のスカイバー&ダイニングから。
母とヒルトン近くの病院にお見舞いに行った帰り、母が少し落ち込んでいたので、夜景でも
見て元気になってもらおうと、70歳をこえた年寄りと40歳半ばのおばさん二人で行きました!
夕焼けから、夜空と夜景が見事な、さすが34階!!
そんな百道の美しい夜空をながめて、親子元気に帰宅しました〜。
f0232994_5521657.jpg



鳥取県八頭郡智頭町、『諏訪酒造』さんから歩いて1分の所に実家がある、文ちゃん!
Goocleマップで調べると、すごい山の中!!!
ウィキペディアで調べると、「智頭町(ちづちょう)は、鳥取県の南東部に位置し、
鳥取藩の宿場町「智頭宿」で知られる町である。面積の93%を山林が占めている。」
7%の住人!『諏訪酒造』さん&『文ちゃん家族』!!
f0232994_601957.jpg

[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-07-24 06:02