人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 26日

おこぜ

今日は『おこぜ』を紹介します。
カサゴ目オニオコゼ科。漢字では、鬼虎魚でおにおこぜと読みます。
f0232994_1574815.jpg

かなり醜く、グロテスクな姿ですが味は最高です!
晩春から夏が旬とされているみたいですが、1年を通して漁獲されます。
冬の河豚に代わって、夏の白身の王様です。


背ビレのとげの間の皮膜に、強い毒があります。刺されると要注意です!
f0232994_261657.jpg

写真は的ちゃん提供ですが、どこの部分を刺して血が出たのか知りませんが、
やらせっぽい?と思っていますが、真相は聞いていません。「刺さって、血が出た」
と報告ありましたが、もし背ビレが刺さったら、大変な事になっています!
じろうちゃんが『おこぜ』をさばいている時、背ビレを刺した事がありました。
応急処置として、40度から50度の熱いお湯に、刺された部分を浸しておくらしいですが、
その後、腫れてました。すごく痛いと言ってました…。
さばく時は、背ビレの部分を切り取って、調理します。


多分こんな泣き顔ぐらいの、痛みではないのでは…?
f0232994_2211463.jpg

痛みの事はじろうちゃんに聞いて下さいね…。


背ビレの部分を切り取れば、安心して調理出来ます!
f0232994_2252248.jpg

注文が入って、『おこぜ』を生簀からだし、さばきます。
1匹で2人〜3人前です。
うす造りには、唐揚げか、みそ汁のどちらかお好きな方を選んで下さいね。


姿は本当にブサイクですが、調理するとこんなに美味しくなります!
f0232994_2413062.jpg

うす造りには、皮、身皮、肝を盛りつけています。ネギと一緒にポン酢でどうぞ!!
低脂肪、低エネルギーの白身の魚でタンパク質が豊富です。
身はシコシコ、もっちりで、旨味があり、河豚に負けないくらいの美味しさです。
ひれ骨の部分は唐揚げにすると、香ばしく、みそ汁にすると、なんとも奥深いお出汁が
とっても美味しい『おこぜ』です。


仕入れにより、入荷してない場合もあります。電話でお問い合わせ下さい。


黒島の仲本海岸の海の中で見た、危険生物『みのかさご』と仲間???
f0232994_303875.jpg

安易にさわってはいけません!要注意!

by ikkoku-dou | 2010-05-26 03:05


<< ボン      爽やか! >>