人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 20日

たまご

今日は敬老の日で、3連休最後の日ですね♪
そして、今日から秋彼岸入ですね。今日を含めた7日間が彼岸の期間です。
今週は、週の中日が秋分の日で祭日なので、お休みウィークですね〜。羨ましい限りですが、
今週も頑張って営業してますよ〜。


昨日、載せていた『いくら』をながめていたら、一刻堂の食材に海の生物の卵が沢山ある事に
気がつきました♪
とりあえず、またまた、『いくら』から…。鮭の卵の『いくら』。
赤い色が鮮やかで綺麗です♪赤の色素のアスタサンチンは現在、癌の抑制効果があるとも言わ
れているそうです。そして、ビタミン、ミネラル類も多く含まれ、高タンパク質で消化が良い
ので、成長期の子供やお年寄りにオススメしたいので、敬老の日にご家族でどうぞ!!!
たまご_f0232994_6131081.jpg



そして、海の生物の卵と言ったら、博多では『明太子』。
福岡のお土産として、有名な辛子明太子、はスケトウダラの卵巣を唐辛子等を使った調味液で
味付けしたものです。ほかほか白ご飯と一緒に食べたいですよね〜。酒のつまみでも最高です♪
たまご_f0232994_6184844.jpg



日本三大珍味のひとつの『うに』も卵です!雲丹で食用となる部分は正確に言えば、生殖腺です。
雲丹はは雌雄異体なので、精巣と卵巣を食べていることになります。卵巣は色が濃く、精巣は
色が薄いそうです。
たまご_f0232994_6251618.jpg




そして、こちら高級珍味!『ばちこ(くちこ)』。なまこの卵巣を塩漬けにして干したもので、
1枚の『ばちこ』を作るのに必要ななまこの量は数十キロ(ナマコ50匹ぐらい?)とも言われ、
稀少な珍味とされています。
食い道楽に称賛されている珍味の中の珍味です。炙るとさらにいい香りとなり、凝縮した深い
味わいと香りは、日本酒に大変よくあいます。日本酒を飲むときに少しずつ、ちぎって口に入れ、
チビチビ味わってください。
三味線のバチの形に似ていることからバチコと呼ばれてます。
たまご_f0232994_6322723.jpg



まだまだ、海の生物の卵、ありますよ〜。(一刻堂にはないけど)
カズノコ(ニシンの卵巣)
とびこ(トビウオの卵巣をほぐしたもの)
キャビア( チョウザメの卵巣をほぐしたもの)
カラスミ(ボラの卵巣)
内子 (カニの卵巣)
外子(カニの卵)
子持ち昆布(コンブへシシャモに産卵させたもの)
などなど…。どれもお酒のつまみによさそうですね…。
なんだか、今日は水産加工品の宣伝みたいになっちゃいました〜。

by ikkoku-dou | 2010-09-20 06:46


<< いつもの風景      渡りガニ・いくら >>