人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 02日

満天星 いちばん星

昨日は大将のお休みの日でした。お正月からの久々の休みです。
久しぶりのお休みなので、大将のワガママにお付合いして、小倉へ〜。
5時過ぎまでお店の雑用で、天神のロフトで買い物をしていて、6時には小倉のお店でビールを
飲んでいたので、そんな速攻が出来たのも新幹線のおかげです♪ありがたいです♪
3月からは、熊本・鹿児島もぐっと近くなりますね!
f0232994_452218.jpg



今回のお食事はコレ!またまた、贅沢させていただきました!
f0232994_485427.jpg



続々!新酒登場してます!今日は文ちゃんの実家の近くの酒蔵さんです。
これは文ちゃんの実家の近所の風景です。今年は雪がすごいですね〜。
f0232994_4355783.jpg

しかし、文ちゃんの実家の住所をGoogleで検索したら、ほとんど山でした!
鳥取県八頭郡智頭町は面積の93%を山林に覆われ、清流・千代川が流れる自然豊かな町です。
そんな山あいの水がきれいな町の酒蔵で、酒造りに使われる仕込み水は、自家の井戸からくみ上げ
るもので、全硬度2度程度という超軟水だそうです。
日本酒度が+(プラス)の辛口の酒でも、仕込み水のやわらかな口当たりのせいか甘く感じられる
とか…。

鳥取県八頭郡智頭町、諏訪酒造さんの『満天星 いちばん星 しぼりたておりがらみ 純米吟醸』
満天星は八頭郡智頭町の花、つつじの名前からつけられているそうです。
ドウダンツツジを別名、満天星躑躅と書くらしく、可愛い壷形の花が釣り下がっている様な花です。
ドウダンツツジはコチラからどうぞ
通年で出されている諏訪酒造さんの満天星は1年半~2年寝かせた落ち着いた味わいが魅力ですが
、こちらの新酒は、搾ったままの素直な味わいが魅力です。少しうすにごりで、優しく広がる甘み
とキレの良さ、もろみの味と香りが楽しめる今年のいちばん星です。
スイスイ飲める付合いやすい日本酒です♪♪♪
f0232994_531999.jpg



私は読んだ事がありませんが、尾瀬あきら氏の漫画『夏子の酒』にもたびたび登場した『諏訪泉』
さん。尾瀬あきら氏は漫画の他に日本酒の本「知識ゼロからの日本酒入門」など書かれて、その本
は読みました!大変勉強になりました!
自然豊かな町、美味しいお水と、美味し日本酒、きっと美味しい食べものも沢山あるはず!
以前から、鳥取・島根の旅を計画してました!ますます行きたくなりました〜♪
日本酒と美味しい食べ物、器を巡る旅、いつ行こうか〜?秋は緑の杉と紅葉のコントラストが綺麗と
智頭町のHPに書いてありました。文ちゃん、案内してヨ〜!!!
f0232994_5291534.jpg


by ikkoku-dou | 2011-02-02 05:31


<< 鍋島 裏?!      独楽蔵 >>