一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 30日

頼もしい若者

昨年の1月に、極限への挑戦エベレストなど、世界7大陸の最高峰「7サミット」に、自らカメラ片手
に撮影をしながら挑戦し続ける登山家・栗城史多(30歳)さんを描く絶景満載のドキュメントがNHK
で放送されました。私は今年になって再放送を見ました。
そして、9月の初めに「カンブリア宮殿」でも栗城史多さんの放送がされていました。
初めて彼を知った時は感動で身が震えました。
栗城さんは無酸素にこだわり、さらにハンディーのビデオカメラを回しながら登ってインターネット
で生中継なんて美しい風景を写すというよりも、彼のあるがままの姿。

インターネット中継は莫大な経費がかかるそうで、「冒険の共有」をビジョンに、自分の夢を果たす
べく山の下界ではスポンサーを探したり、各界で活躍されている人に会い、共感を得て資金を集めて
いるそうで、夢の実現のために活動されています。
TVで見て、本を読んで、勇気をたくさんもらえました〜。
f0232994_4102310.jpg



10月9日のTVの情熱大陸では登山ガイドの山田淳(32歳)さんが登場しました。
山男なんて言葉は今や昔、多くの山ガールが頂きを目指し空前の山登りブームが巻き起こっているそう
です。山田淳さんは単なるガイドではなく、人は彼を「登山界の革命児」と呼ばれているそうです。
山田淳さんは灘中学校、灘高校を卒業し東京大学経済学部に入学。
在学中に史上最年少23歳でエベレストを含め7大陸最高峰登頂を制覇するセブンサミッターとなりました。
「エベレストより中学受験の方が大変だった」と話されていたそうです。
山田淳さんが起こしつつある登山界の革命はビジネスの世界でも注目され、ビジネス誌が選ぶキーパーソン
にも選ばれています。
情熱大陸を見て山田淳さんの卓越した分析力で、初心者たちを山頂に導く山田流の「ガイド術」。
富士登山は容易ではなく30%は登頂できないと言われています。高山病や低体温症、遭難など死の危険も
あります。しかし、山田淳さんのガイドでは95%の登山者が登頂に成功するそうです。


栗城史多さんも山田淳さんもまだまだ若い30代。頼もしい若者です。
こんな優秀な青年が日本には沢山〜♪
信念をもって行動している若い人、素晴らしいですね♪♪♪
[PR]

by ikkoku-dou | 2011-10-30 04:48


<< 大分      新聞の酒 >>