人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 05日

ごちそうさん・名言

NHKの朝の連ドラの『ごちそうさん』が3月に終わって淋しい毎日です。
仕方ないので、前編のDVをアマゾンで購入して、寝る前に見ています。
ドラマの中でなるほどー!!!と感心するセルフが多く、面白いです。

女学校の先生がめ以子に言った言葉。
「包丁というのは、実はただの鉄の板なんですよ。砥がなければ包丁にはなりません。
夢というのも、そういうものじゃないですかね。ただの鉄の板を、砥いで使って、砥い
で使って…。そんなことを繰り返すうちに、やっと自分の望む刃の角度が見えてく
るんです。」

お見合いの前日、文士の室井さんにめ以子が「結婚って何なんでしょうか?」の質問して
いて室井さんがめ以子に伝えた言葉。
「結婚は米じゃないか?!」
「新米の時はどうやっても甘くて美味いけど、時が断つにつれてスカスカのボソボソに。
…だから炊き方が大切だし、工夫が必要になってくる。その手間を喜んでやれる相手だと、
結婚はうまくいくんじゃないか?!」


義理の姉、和枝さんのイケズで鯛が40匹くらい溢れかえって、鯛料理を沢山作って、
材料を無駄なく使い、本当の始末するということをわかった時のめ以子の言葉。
「おいしく食べる方法はあるのよね…。骨も、ワタも。人もきっと一緒だよね。骨は食べら
れないけど、いいダシが出るし、ワタは扱いにくいけど、その分、珍味になるし。嫌なとこ
と、いいとこって、見方ひとつっていうか、扱い方ひとつっていうか、きっと そういうふう
にすれば、楽しい おうちになるのよね。」

まだまだありますが、今日はこのへんで!
ごちそうさん・名言_f0232994_240343.jpg


by ikkoku-dou | 2014-04-05 02:40


<< 信長のごはん      デザートプレート >>