一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 06日

「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く……」

今回、石垣島で宿泊したのは石垣島北部、平久保。ドライブでは何度も訪れた土地で、自然豊かな
静かな場所です。夜はカエルと牛の鳴き声、夜になったら雨も上がり、月が出る少しの時間に、満天の
星も眺められ、静かな時間を過ごしました。
朝は早朝に起きて、朝ごはんの前に、寝癖をつけたまま海でシュノーケルもしました。

前日まで雨だったのに、透明度が高い海の中で、小さなお魚を沢山見れました。
f0232994_1383033.jpg


海から上がり、朝ごはんをいただき、チェックアウトまで海辺でぼんやり。
波の音を聞きながら、うとうと…。
f0232994_1385565.jpg


海を眺めながら、元気がどんどん注入されました。ホテルを出て、またまた、お買い物モードです。
石垣島はミンサー織が有名ですが、アレンジされた素敵な小物がいっぱいで、女子心をくすぐります。
あざみ屋本店のみんさー織工芸館へ。
f0232994_139819.jpg


藍色が綺麗!
f0232994_1391797.jpg


八重山に伝わる伝統工芸・八重山ミンサー。
代表的な図柄は、五つのマス目と四つのマス目を織り込んだ模様には、意味があり。
「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く……」という思いが込められているそうです。
琉球王朝時代、女性から愛する男性に贈られた藍一色の帯「ミンサーフ(ウ)」が、今日の八重山ミンサーの原型
といわれているそうで、石垣島へ行ったら、織物だけでなく、道路のタイルの模様、看板に使われてらりと、いたる
ところで、この五つのマス目と四つのマス目の模様を見ます。
f0232994_1392831.jpg

離れの暖簾が古くなってきてたので、交換しました〜♪
「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く……商売が続けられますように…。」
[PR]

by ikkoku-dou | 2018-06-06 13:27


<< 大きい!      弾丸1泊石垣島へ >>