人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ

2011年 08月 01日 ( 1 )


2011年 08月 01日

博多の味 おきゅうと

わぉ♪8月ですね!今日は大濠の花火大会、何年も花火は見てないです…。花火がドカンドカンと
上がっている時間はお仕事お仕事♪
みなさん!花火が終わったら、待ってますヨ〜♪花火の感想、聞きたいな〜。


5月に我が家の新入りとなった『ゆず』、来た頃はまだまだあどけないPuppyでした。
博多の味 おきゅうと_f0232994_2304880.jpg



最初は奥ゆかしい女の子、兄貴のボンくんに少し遠慮した、可愛い妹だったのに…。
この8月で生後8ヶ月のまだまだPuppyな『ゆず』ですが、体重こそ違いますが、背丈は兄貴ボンくん
と同じサイズ?!ムムっ?少しゆずが大きい?
今ではのんびり兄貴のおやつを、横からかすめ取ったり、ボンが遊んでいるおもちゃ全部横取りした
りと、兄貴のボンくん、タジタジです…。
唯一、散歩がまだ苦手なので、散歩の嫌いなボン兄さんの方が経験があるだけ、まだ余裕で、散歩に
行くと、ボンの少し後ろを歩きます。仲が良いのか悪いのか、結構、毎日2匹で運動会を繰り広げで
います…。上の写真と比べると、2ヶ月で随分大きくなりました。
可愛い子犬の時期は一瞬で終わってしまいます。そーいえばボンも子犬の時はメッチャ!可愛かった
のです。ハンサムちゃんだったのです。(完全親ばか)
博多の味 おきゅうと_f0232994_2443123.jpg



一刻堂のお客さんは県外のお客さんも多いです。
福岡の美味しいもの食べたいです!とよく伺います。色々とお伝えするなかで、博多の名産です。と
紹介するのが『おきゅうと』。なんでも200年以上前から食べられている博多の味だそうです。
エゴノリという海藻から作られるトコロテンに似た味わいと食感で、磯の香り、海苔の風味の優し
い食べ物。一刻堂で使っているのは、中央区高砂の南里商店の『おきゅうと』です。
南里商店さんのおきゅうとの裏のパッケージを読んで、『おきゅうと』の名前の由来を初めて知りま
した〜。
南里商店さんのホームページより。
「当時の博多未曾有の大飢饉に見舞われ多くの人が苦しみ失意の底に沈んでいたとき。誰もがあきら
めかけたとき、勇敢な漁師が博多湾に飛び込み、そこに群生していた海藻(えご草)を煮詰めて固め
、飢えで苦しむ人々に頒布したといわれています。
漁師の機転と愛情が博多を飢饉から救ったことから、えご草を煮つめて固めたその食べものを勇敢な
漁師を称えて『沖人(おきうと)』、または人々を救ったことから『救人(おきうと)』と呼ぶよう
になり、博多っ子の食卓には欠かせないものとなったのです。」
博多の味 おきゅうと_f0232994_3204513.jpg



カロリーがほとんどないので、お酒のつまみには嬉しいですね。
また、エゴノリ100%のおきゅうと、ヨードやカリウムをはじめとするミネラルが豊富です♪
おろし生姜、ごま、かつおぶし、ねぎなどの薬味をたっぷりかけておだししています。
お醤油をかけて食べるのが博多ならでは…だそうです。
博多の味 おきゅうと_f0232994_3391625.jpg

福岡に来られた時は是非食べてみて下さいね〜。

by ikkoku-dou | 2011-08-01 03:41