人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ

2011年 10月 23日 ( 1 )


2011年 10月 23日

〆張鶴

このまえの火曜日の『まんま会&ら・ろしぇる』の時、サポートに行ったおさむちゃんが写真を
色々と撮っていてくれてました♪
その中に、こんなのが…。参加したまんま会の8人の意気込みが書かれていました。
一刻堂の大将は字が汚いから、私が代行して書いていましたが、どこにあるんだろう…?!と思っ
てましたが、会場の入口にあったそうです。お喋りに夢中で気がつきませんでした…。
写真でじっくり読ませていただきました♪
f0232994_381747.jpg


上の写真の内容を読んでいて、やっぱりね♪と一人で頷いておりました。
最後のごはんの『せりめし』のお米がすごく美味しかった!のでもしかしたら〜、『大玖』の洋介
くんの実家の大分県玖珠町のお米かな???と思っていたら、やっぱりそうでした〜♪

洋介くんの実家のお米、大分県玖珠町は大嘗祭【天皇が即位ののち初めて新穀を天照大神(あま
てらすおおみかみ)をはじめ天神地祇(てんじんちぎ)に奉り、自らも食す祭りのことで、天皇
一世一度の最大の祭り。Yahoo!百科事典より】』に使用する「献上米」の産地で、『大分県玖珠
米ひとめぼれ』は日本穀物検定協会の「全国食味ランキング」で九州・中国・四国の西日本の中
では唯一最高ランクの「特A」に輝いた、美味しい米なのです。
特A米は、『新潟魚沼コシヒカリ』が有名ですね。
特に、今は新米の季節〜、お米を食べる楽しみもあります!
美味しいご飯を食べに『大玖』に行こうかな〜♪
f0232994_3324720.jpg



いつもながら前置きが長くなりましたが…、今日は真面目営業トークです。
こちらも日本有数なお米の産地、新潟のお酒!越後村上の『〆張鶴 吟醸 越淡麗 』。
新潟県が長年かけて開発した、お母さんが「山田錦」、お父さんが「五百万石」の大吟醸酒用の酒米
『越淡麗』で仕込んだ〆張鶴の吟醸酒です。
さすが、〆張鶴♪美味しい!
ほどよい香りと、さらりとした口当たり、ふっくらと口の中に旨味がふくらみます。
最後はスパっと切味がいいのです。さすが〆張鶴って感じです。
これから、ふぐ刺しや、ふぐの唐揚げ、あったかいお鍋…、あら鍋、ふぐ鍋、水炊きなどなどにも
めちゃくちゃ合います。これからの季節のお料理と共にお楽しみ下さい…。
f0232994_4253072.jpg


 

by ikkoku-dou | 2011-10-23 04:27