人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ

2017年 01月 09日 ( 1 )


2017年 01月 09日

鹿児島の郷土料理

まだまだオカミの旅行日記が続きます(笑)。
今日は鹿児島で食べた郷土料理。
天文館にある『正調さつま料理 熊襲亭 (くまそてい)』さんへ。
鹿児島の郷土料理_f0232994_11571019.jpg


しゃぶしゃぶのコースとアラカルトからさつま郷土料理をオーダーしました。
コースのきびなごの刺身です。
鹿児島の郷土料理_f0232994_1214933.jpg


『さつま雑煮』
鹿児島の雑煮は、ぜいたくに「えびだし」が使われ、大きな海老が入っています。
お餅は入ってませんでしたが、里芋が入っていて、里芋は子孫繁栄の意味があるそうです。
あと、えびは腰が曲がるまで長生きできるようにと、豆もやしにはまめまめしく元気に働けるように、
という願いが込められているそうです。
鹿児島の郷土料理_f0232994_1255970.jpg


『しゅんかん』
お煮しめのことだそうです。
中国大陸から、筍のふるさと鹿児島に伝わり島津の殿様料理となり、その後春の祝い料理として
庶民にも広がっていったそうで、もともとはイノシシ肉が入っていたそうですが、現在では豚肉を
使われているそうです。お野菜が美味しいお煮しめでした。
鹿児島の郷土料理_f0232994_12125224.jpg


『黒豚のとんこつ』
骨付きのあばら肉をじっくり煮込まれた煮込まれ、黒砂糖と焼酎、味噌、ショウガで仕上げた300
年の歴史がある鹿児島の人気料理なのだそうです。
柔らかくってトロトロでした。
鹿児島の郷土料理_f0232994_1218590.jpg


『酒ずし』
コース料理に〆に出てきたご飯です。
400年の昔から受け継がれている伝統の味だそうで、ご飯一升、地酒一升を1対1の割合で「押し寿司」
にされ、お酢を使わず地酒で一昼夜発酵させた「なれ寿司」なのだそうです。
お酢を使わない寿司を初めて食べました、お酒の香りが口いっぱい広がり、なるほど!お酒にが強い薩摩
の方に好まれる味なのかなぁ〜なんて思いながら食べました。
鹿児島の郷土料理_f0232994_12252734.jpg


鹿児島初心者の我々には優しいお店でした。
福岡から近いのに、さつま郷土料理初体験で、楽しい夜でした。
鹿児島の郷土料理_f0232994_12312420.jpg

熊襲亭さん、昭和41年創業…。私が生まれた年やん…、同い年♪

by ikkoku-dou | 2017-01-09 12:36