人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 21日

海鮮丼 日の出さんへ

「暑さ寒さも彼岸まで」という言うように昨日はあたたかい雨の一日でした。
『春分の日』一般的には昼間と夜間の長さが同じとなる日として知られていますが、実際には
昼間の時間が長くなっているそうです。
そして昨日は満月でした。そして今日は『春分の日』なんだかパワーを感じます。東北に、日本に
元気が戻りますように…、毎日願っています。

少し前ですが、大将とお昼ご飯を食べに薬院の『海鮮丼 日の出』さんに行きました。
メニューが豊富で、どんぶりだけでなく定食もありますヨ。
メニューはどれも美味しそう!さんざん迷ったあげく、大将は『海鮮丼』。
海鮮丼 日の出さんへ_f0232994_4351053.jpg



私は大好きな『うに丼』、ちょっと多いかな?と思われる方にはうれしいミニサイズもあります。
勿論私は普通サイズ、大盛りと言いたいところでしたが、恥ずかしくて…。
海鮮丼 日の出さんへ_f0232994_4394723.jpg



大将は海鮮丼定食の他に、鶏の唐揚げもオーダーしていました!私には理解しがたい組み合わせです。
海鮮丼 日の出さんへ_f0232994_4533958.jpg

お漬物食べ放題、丼定食には味噌汁と子鉢、卵焼き、茶碗蒸しから一品が選べるので、本当にお腹が
いっぱいになります!!!お店の雰囲気も女子が一人でくつろげそうな、カジュアルな感じです。
昼と夜も同じ金額なので、夜ご飯にはうれしいです。お酒のメニューも豊富だったので、海鮮丼と
日本酒でちょい呑みもイイですね。


一刻堂にも最近、『うに』が毎日入荷するようになりました。
唐津産だったり、鹿児島さんだったりですが、『うに』にはこだわりがあるようで、美味しくない
と思ったら入れてませんでした。一刻堂のうに丼もよろしくです。
海鮮丼 日の出さんへ_f0232994_592684.jpg


by ikkoku-dou | 2011-03-21 05:13
2011年 03月 20日

土鍋で炊いた

何度も登場していますが、春のごはんものといえば『筍の炊込みごはん』です。
筍のかわに包まれた“可愛い子ちゃん”です。筍の風味とモチっとしたご飯が春を感じます。
土鍋で炊いた_f0232994_1444278.jpg

筍が市場に出始めるのはまだまだ寒い冬ですが、それは商業用。旬の筍は2月頃から鹿児島
からスタートします。熊本、福岡、徳島、京都、と産地をリレーしながら北上する『たけの
こ前線』も『桜前線』と微妙にかぶりながら(?)北上します。
糸島の前原が実家の私は子供の頃に、父親や祖父と雨上がりの早朝に筍ほりに裏山に行って
ました…。その裏山も今は南風台に変身しています。たけのこ山はもうないけれど、味だけ
はちゃ〜んと憶えています。


『筍の炊込みごはん』は土鍋で炊いています。土鍋だとふっくら炊きあがります。
毎日使うので今の土鍋も歴代何台目かの土鍋です。
コチラは少し前まで使っていた土鍋たち、滋賀県甲賀郡信楽町の信楽焼の『雲井窯』さんの
土鍋です。ヒビが入ったりして今は使えません…。修理したら使えるかな…???
愛着ある土鍋たちなのであります。
土鍋で炊いた_f0232994_14533692.jpg




現在の土鍋は三重県伊賀市丸柱の伊賀焼き『永谷製陶』さんの土鍋です。その名は『かまど
さん』。以前のは甲賀のもの、現在のは伊賀のもの、忍者だったらライバル同士ですね(笑)
この『かまどさん』なかなかのすぐれものです。
遠赤外線効果でお米の芯まで熱が通り、ふっくらしたご飯が炊き上がります。
蓋の中にもう一枚蓋がある二重蓋なので、圧力釜の機能を果たし、吹きこぼれも防ぎます。
そして、パーツ販売もされているので、蓋を割っても安心!
コレも大将がネットでポチっっと買ったんですヨ〜。
土鍋で炊いた_f0232994_1562250.jpg




2月に西中洲のデルタウエストの、『馬焼き 好信楽』さんに行ったとき、美味しい馬焼きを
いただきました!その時使われていた陶板がインパクトがあってステキだな〜と思い色々と
ご主人に聞いてみると、ご主人は「通販で買って名前は『やきやきさん』って言うんですよ」
と教えていただだきました…。「うちで使っている土鍋もかまどさんっていう名前です」と
話していて、もしかしたら同じ会社のもの??なんて言ってたら、『永谷製陶』のものでした。
コチラ『馬焼き 好信楽』で使われている『やきやきさん』。
その時のブログは2月16日に書いています。
土鍋で炊いた_f0232994_15143777.jpg

『馬焼き 好信楽』さん、すごく美味しかったからまた行きたいな〜。

by ikkoku-dou | 2011-03-20 15:18
2011年 03月 19日

ビジョナリーカンパニー

昨日、天神イムズの日本赤十字社、献血ルーム『ハッピークロス』へ行きました。
平日のお昼間だというのに長蛇の列!2時間待ちだそうです。今回は出直そうと思い帰りましたが、
みなさんは並んで待たれていました。頭が下がる思いです。
『血小板成分献血』と『400ミリリットル献血』の協力を呼び掛けられています。
『血小板成分献血』は有効期限が4日間と短く長期保存ができないそうで、分散して継続的に来て
欲しいとの事でした。多分この連休も多いと思うので、来週の平日に行こうと思います。


3月6日のブログに3月からの日本酒をズラっと並べて紹介してましたが、その日本酒たちの他に、
福岡・佐賀の地酒も3月から少しかわりました。九州のお料理に合わせて是非、選んでいただきた
い日本酒ばかりです。コチラも個性派揃いですヨ。
ビジョナリーカンパニー_f0232994_333979.jpg



最近、大将はビジネス書をよく読んでいます。1年ぐらい前はマンガと料理の本しか読まなかったのに、
あるキッカケから猛烈?!に読んでいます。前は私の方が読書家だったのに、最近は大将の方が読んでいる
かもしれません…。
今日紹介する本は、大将が読んで凄く面白かった!!!と絶賛してネタバレ状態でひつこく私に感想を述べて
た本です。『ビジョナリーカンパニー』。
3巻までありますが、1巻は『時代を超える生存の原則』、2巻は『飛躍の法則』、3巻『衰退の5段階』
1巻は的ちゃんに貸しているので私は読んでいませんが、2巻から読んでも問題ないよ!と言っていたので
早速読んでみました。
ビジネス書はどちらかというと苦手な方ですが、この本は面白く引き込まれました。
『星野リゾートの教科書』(2月5日のブログに書いてます)にも登場しているように、調べると色々な
人が薦めています、納得!!!
原著のタイトル1巻は“Build to Last”「永続するように作られた企業」について書かれていて、そうい
う卓越した企業(BTL企業)と、普通レベルの優良企業に違いは何か?というのが1巻のテーマ。
ところが、「“Build to Last”を読んでも、どうやったら良い企業からBTL企業にできるか分からない」
という批判を受けて書いたのが2巻で、原作タイトルは、“Good to Great”ということで、普通レベル
の優良企業(Good company)が、どうやったら偉大な企業(great company)になったのか、というこ
とがテーマです。
本書出だしより、『良好(Good)は偉大(great)の敵である』。
この本の面白いところは、21名の調査チームを結成し深く分析した上に、本で論じられているのはデー
ターから導き出された結果の理論であること。出て来るのはアメリカの企業ばかりで馴染みがないです
が、面白くワクワクしながら読むことが出来ました。
ビジョナリーカンパニー_f0232994_434664.jpg




最近一刻堂からお払い箱状態の私なので、自宅でボンと一緒に読書三昧です…。
ビジョナリーカンパニー_f0232994_4353538.jpg


by ikkoku-dou | 2011-03-19 04:40
2011年 03月 18日

桜アイス

毎日のニュースはつらい情報ばかりでなく、支援の輪が海外にも広がり、あたたかい気持ちにして
くれます。人のつながり、絆、思いやり、助け合い、愛…、人間って素晴らしい!!!

被災地は厳しい冷え込みと聞いています。食事も少しずつ支援が行き届いているのでしょうか?
飲食店として何か出来ないかとヤキモキしていると、「Hotto Motto(ほっともっと)などを展開
するプレナス(福岡市)は、東日本大震災の被災者に炊き出しを提供する「支援部隊」を結成し、
17日、仙台市の避難所に派遣した」 とニュースで見ました!
「4台のトラックに米2トンとシチュー2万食分、炊飯器27台、大型発電機を載せ、陸路で仙台市を
目指し、軽油4千リットルを積んだタンクローリー1台も同行し、燃料を提供する。到着後は現地の
社員6人と合流し、計14人で、1週間程度活動する予定」(西日本新聞抜粋)
本当に素晴らしい!!企業としての強さを感じます。
福岡から仙台まで遠い道のり、気をつけて行って来て下さい!!!


福岡もここ数日冷えています。しかしお彼岸が過ぎればそろそろ桜も咲く頃。
桜が咲く風景を見ると、日本は四季が美しい国だと思う季節でもあります。
桜アイス_f0232994_305225.jpg



そこで『桜アイス』が今年も出来ました。ほんのりピンクの爽やかなアイスです。
桜アイス_f0232994_335347.jpg



ちょっぴり甘塩っぱい、桜の塩漬けが入ったアイスです。あんこと一緒に食べると、桜餅感覚?!
桜アイス_f0232994_362213.jpg



わかります?香りもお届けしたいのですが、こんなに近寄っても香りませんよね〜…。
桜アイス_f0232994_384475.jpg



桜はバラ科なので、ローズに似た香りを嗅ぐとじわじわとハッピー気分に。
桜の木の下にいると華やいだ気分になります。被災地近くでは桜が咲くのはまだまだ先。
その頃には地震も落ち着き、日本中に笑顔が戻りますように!

by ikkoku-dou | 2011-03-18 03:37
2011年 03月 17日

ポール・ジローinもやしもん

毎日ニュースから目が離せません…。福島県の方は本当に心配です。地震と津波で被災した上に、
原発と心休まる時がないですね…。日に日に状況が悪化しているように思えます。日本のニュース
や新聞と海外のニュースや新聞とかなり温度差があるようです。
しかし、冷静に見守るしかありませんね…。多くの人が命がけの作業をしてくれている、信じて
この深刻な事態が一刻も早く沈静化されることを祈ることしかできません…。


今日は少し息抜きして下さい。マンガ読んでますか?西中洲のおでんやさんに教えてもらった
マンガ『もやしもん』、以前にも紹介した事があると思いますが、とても面白いし興味深い事が
沢山描かれています。農大で菌とウイルスと面白い登場人物がゆるーく様々な騒動を繰り広げて
います。
ポール・ジローinもやしもん_f0232994_592874.jpg



その『もやしもん』の6巻は主人公達がフランスブルゴーニュに渡ります。
ワインの勉強にもなります♪
それで、今一刻堂でもおいている『ポール・ジロー・スパークリンググレープジュース』が登場し
ています。
ポール・ジローinもやしもん_f0232994_5215123.jpg




昨年の12月19日のブログでも紹介しています。よかったら説明はそちらをのぞいて下さい。
コニャックを作るのに使用するユニブラン種を、そのまま搾った無添加の100%グレープジュースです。
甘酸っぱい微炭酸の大人のためのジュースです。
ポール・ジローinもやしもん_f0232994_528317.jpg




『もやしもん』の菌たちが『のだめ』の15巻に登場しています。
のだめの作ったカレーでかもしております…。
ポール・ジローinもやしもん_f0232994_5332389.jpg


by ikkoku-dou | 2011-03-17 05:29
2011年 03月 16日

いつものように

長い間ブログをお休みしてしまいました…。
何を書いたらいいかよくわからなくて、スルズル毎日悩んでいました。
みなさんもそうだと思いますが、震災のニュースが飛び込んで来るたび、なんだかオロオロしてました。
東京に住む兄やいとこ、友達の事が心配でしたが、東京は被害が少なそうだったので、電話やメールも
少し自粛してました。サーバーに負担をかけていけない、本当に必要な連絡が出来ない人が沢山いるの
にと思ったからです。少し落ち着いてメールしましたが、まだまだ東京は大混乱のようです。
みんな怖かった〜と書いてました。
東京電力の計画停電で電車が運休したりと、早朝から人々が長蛇の列で、ニュースを見ていてイライラ
しそうだな…と思いましたが、「私達はただ並んでいればいいのですから、東北の方に比べたら何て事
ないです」とインタビューに答えられていました!そうですよね!世界各国の新聞やニュースでも日本の
国民性をほめてもらってますよね…、日本人スゴイ!誇りに思います。
悲しんでばかりもいられません…。自分たちに出来る事をしっかり考え行動したいと思います。
海外のセレブやファーストリテイリングの柳井会長のようなビックな寄付は出来ませんが、天神でFBS
放送のアナウンサーの方たちが募金活動をされていたので、募金をさせてもらいました。
今出来ることは、募金、献血、節電(出来てないけど…)。
福岡は元気な街です!福岡から元気バワーを送りたいと思います!!!


月曜日はいつものように大将達と糸島へ。
こんなに美しい桜を見ることができました〜。今月末は桜の季節です。
いつものように_f0232994_4233438.jpg



一刻堂のネタケース、赤と黒に分かれています…。
いつものように_f0232994_4262718.jpg



黒いのは『めばる』、お目めパッチリなお魚で、北海道から九州まで広く生息しています。
カサゴ目フサカサゴ科メバル属、『あらかぶ(カサゴ)』の仲間なんですね〜♪
釣りをされる方はよく釣っていらっしゃいますか?
今日のめばるは糸島産です。煮付け、唐揚げにしてお出しします。
白身がプリプリとしています。くせは無いがコクのある白身で、『めばる』は白身のお魚の中では結構!
低カロリーな蛋白源です。ダイエットしている方にオススメです。
いつものように_f0232994_4371283.jpg



こちらは赤い方、『赤ムツの煮付け(半分)』です。
「ムツ」とは「脂っこい」ことを「むつっこい」とか東北地方では言うそうで、その名のとおり脂がのっ
て柔らかい身のお魚です。
日本海側、関東地方では『ノドクロ(喉黒)』の呼び名の方が一般的でしょうか…!?
長崎産です。煮付けの他、塩焼きも美味しいです♪
口の中にいれるとトロっとなくなりそうな、そんな食感です。
いつものように_f0232994_4451418.jpg



いつもの営業前のまかない風景、男ばかりでむさ苦しいですが、新たな女子のアルバイトさんもいますヨ〜。
(女子の写真はありません…。)男ばかりの食事、とっても速いです。「ちゃんと噛んでる?」と聞きたいく
らい、営業前なので速攻技で食べています!!!
いつものように_f0232994_4562628.jpg



地震は天災なので仕方ないと思えますが、これから人災が広がらないように願うばかりです。
もうこれ以上、被災地の方を苦しめないでほしい…。
はやく地震がおさまって、福島原発も解決してほしい…、切に願います!!!

by ikkoku-dou | 2011-03-16 05:19
2011年 03月 12日

地震のお見舞い

信じられない映像とニュースに、自分の国で起きていることが信じられません。

地震災害に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
また、今回の災害で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

日本の非常事態に、のんびりブログを更新する気になれません…。

今も余震が続いているなか、本当に怖い思いをされていると思います。
早く地震がおさまり、苦しい状況にある方々が一刻も早く救われますように、また、
これ以上被害が拡大しませんように、願って止みません。

現地の早急な復旧を祈るばかりです。

by ikkoku-dou | 2011-03-12 02:52
2011年 03月 11日

一柳京子器展へ

JR博多シティはもう行かれました〜???
私はまだで〜す。色々な人から博多駅情報をお聞きして行きたいな〜とは思うものの、もう少し
落ち着いてからでいいかな?特別用事ないし…と保守的なオカミであります。
しかし、美味しいお土産は色々いただきました!阪急のデパ地下はかなりの人気のようですね〜♪
ビックリしたのがコレ!大将のお母さんからいただきました!じゃーん!!
一柳京子器展へ_f0232994_334532.jpg



1時間待ちだそうです!
おかあさんも戴いたそうで、1時間並ばれて買われたののおすそ分け♪ありがたや!
一柳京子器展へ_f0232994_317524.jpg



昨日は大将とB・B・B POTTERSさんに器を見に行きました。
一柳京子器展へ_f0232994_3375735.jpg



一柳京子さんの器展です。昨日までご本人がいらっしゃいまして、お話を聞く事が出来ました。
ミニマムな器で緊張感があるけど、なんだか優しい器です。
とっても薄くてシャープですが、ふんわり存在感があります。春らしくアイボリー、イエロー、グリーン
などなど色とりどりの器ばかりです。
一目惚れして衝動買いをしてしまいました…。
シックな色合いのものを選びました〜、サラダや煮物に使いやすそうです。
自宅用です!一期一会の精神を言い訳にしたら大将、納得してました♪
一柳京子器展へ_f0232994_419201.jpg



久々にB・B・B POTTERSさんに行きましたが、見ていて心弾むものばかり♪大将が一緒だったからゆっくり
できませんでした〜。雑貨屋さんは女一人がいいですよね〜!

by ikkoku-dou | 2011-03-11 04:29
2011年 03月 10日

田中六五の白糸酒造さんへ2

今日は白糸酒造さん見学の続きです♪
醪のタンクから木製の槽(ふね)の方へホースで送りこまれ、醪を『酒袋』に入れて、槽の中に
きちんと並べられ、木製のふたをされてました。いよいよ搾りの準備完了ですか?!
田中六五の白糸酒造さんへ2_f0232994_404961.jpg



長さ8mものハネ木(カシの木)でふたをおさえます。
田中さんに搾る原理をじっくり講習してもらいました。
カシの木の一方を固定します。反対側に重みがかかり『てこの原理』で重みがかかります。
支点、力点、作用点!

田中六五の白糸酒造さんへ2_f0232994_494328.jpg




8mの端っこから見るとこんな感じ…。長さがわかりますか〜?!
今日の搾りの作業はここまで、まる2日間かけてゆっくり丁寧に搾られるそうです。
2トンもの石を吊るすのも最後の日、じっくりじっくり頑固にこの方法を守り続けておられます。
丸2日間板ごと重みを加え、それらの圧力で酒と酒かすとに分離します。すべて手作業!
ハネ木で搾られているのも全国の酒蔵の中でも、白糸酒造さんだけなんです。
田中六五の白糸酒造さんへ2_f0232994_4202860.jpg




プレスされた酒袋には『酒粕』が平に残っています。その酒粕を酒袋から取り出すのをお手伝い
させてもらいました。とてもいい香りと美味しい酒粕です。
蔵開きの時は酒粕パックなどもされてましたが、ツルツルになるんですヨ〜。
大人の女子会で体験済みなのでした〜♪もし、酒粕があったらやってみて下さい。ツルツルピカピカ
ですヨ〜。化粧品のCMでも杜氏さんの手がきれいな事に着目して〜なんて聞いた事ないですか?
田中六五の白糸酒造さんへ2_f0232994_4324689.jpg




見た事ない計りで酒粕の重みを計測中!
分銅を使って計る秤です。私の実家は古いのでこのタイプの秤は子供の時に使っていましたが…、
じろうちゃん、ゆうちゃん、見た事ない秤とはかり方にフムフム…。本当にわかったのでしょうか?
田中六五の白糸酒造さんへ2_f0232994_44692.jpg




お仕事のおじゃましたにもかかわらず、こんなに沢山の酒粕いただきました〜。大将、嬉しそう♪
お仕事が一段落して、美味しい甘酒と酒粕アンパンなどなどいただきました。
本当にありがとうございます!!!
甘酒は糸島の伊都菜彩で売っていますヨ。甘酒は美容や健康にもいいです。飲む点滴なのです。
必須アミノ酸、必須ビタミン類が多く含まれ、物繊維やオリゴ糖も豊富なのです。
あと、酒粕は『百薬の長』など呼ばれているらしく、悪玉コレステロール値を下げたり、現代病の予防に
いいそうです。NHKのためしてカッテンでもあってたような…。
田中六五の白糸酒造さんへ2_f0232994_522548.jpg



長い長いお酒造りにほんの一部を見学させていただきました。ほんの一部をのぞいただけでも、細かく
重労働が多そうで大変に思えました。しかし、「美味しい酒を造りたい」という強い信念と意気込みを
深く感じ、今後の我々の仕事にいかしたいと思います。
白糸酒造さん!本当にありがとうございました!これからも宜しくお願い致します♪

by ikkoku-dou | 2011-03-10 05:40
2011年 03月 09日

30Kgアラ入荷!

今日は昨日の続きと思っていましたが、とても大きく30キロもある壱岐産の『あら』が入荷した
ので、コチラをご紹介します。
九州では『あら』と呼んでいますが、ハタ科の仲間でクエと称されています。
どんな調理方法でも美味しく食べれるお魚ですが、『あら鍋』は特に人気で、最近では『ふぐ鍋』
より人気が高いようです。今年の冬は切らさず毎日、メニューに『あら』がありました。
『あら』が入荷するとそんなに大きくなくてもいいお値段します。
お魚屋さんの集金の時、しんちゃんが支払いしていて、金額を聞いて「えっ!!!」と驚いていましが、
小さくても高級魚なのです。(小さくても普通の魚に比べると大きいけど…。)
それで、今回のは大きいです♪二人で抱えるくらい、顔なんかじろちゃん、しんちゃんよりはるか
に大きい…。もちろん今回の集金の時はいつもより増して、しんちゃんビックリしてました〜。
30Kgアラ入荷!_f0232994_3351466.jpg



解体して顔の部分だけになりました。人間の手がパクリと食べられそうなお口をもっています。
30Kgアラ入荷!_f0232994_3353977.jpg




『あら』のうろこは厚く、うろこをすくのも一苦労…。
胴体部分はお魚やさんがすいてもって来てくれます。うろこは素揚げすると『おせんべい』感覚でポリ
ポリ、酒のつまみにもってこい♪です。
この顔の部分、ゼラチン質が豊富で調理するとプルプルです♪『あらの骨蒸し』はオススメです。
美味しいおだしとプルプル身が至福の一品です。
30Kgアラ入荷!_f0232994_3362657.jpg



大きいと解体も大変そう、じろうちゃん!必死です!
『あら』は1mぐらいの大きさです。
大きなお魚だけに大味と思われそうですが、とても繊細で深く旨味があるお魚なのです。
お鍋にすると大きなお魚だけに、野性味を感じる美味しいおだしが体に染みわたります。
30Kgアラ入荷!_f0232994_33724100.jpg



お刺身もオススメです。白身ですが、ふぐとは全く違う味わいですヨ♪
白身がピカピカです。うす造りと分厚く切った炙りもあります。お好みでどうぞ〜。
30Kgアラ入荷!_f0232994_3385230.jpg



大きいといえば…、いけすの中のオマール海老の『おーちゃん』どんどん大きくなっています。
8月に一刻堂にやって来て6ヶ月が過ぎようとしています。
10月には脱皮もして、一段と成長しましたが日々成長中みたいです。
ハサミが輪ゴムでとめられて食い込んで痛そうですが、元飼い主?!の長野さんが大丈夫と言っていたので、
大丈夫でしょう…。
たまにお客さんがいけすを見て、アレ食べたいと『おーちゃん』を指差されますが、ペットなので調理は
しませんヨ〜。
30Kgアラ入荷!_f0232994_3393787.jpg


by ikkoku-dou | 2011-03-09 03:44