人気ブログランキング |

一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 08日

田中六五の白糸酒造さんへ1

昨日は大将、じろうちゃん、ゆうちゃんの4人で『田中六五』の糸島の白糸酒造さんへ見学に
行きました。一刻堂の営業が3時過ぎに終わって、朝7時半に前原駅に集合、『田中六五』を
搾られれという事で、おじゃましてきました〜。
f0232994_3193748.jpg



いつも日本酒を飲んで不思議に思うのが日本酒の原料は、米と麹、酵母、水のたった4種類の
組み合わせしかない。しかし、それぞれの日本酒、蔵によって全く味が違います。
杜氏の意気込みや考えが味に現れています。それが日本酒の最大の魅力ではないでしょうか?
手作りにこだわり、伝統を受け継がれて守り続けておられるその姿勢に安心感とたくましさ
を感じます。日本酒は日本が誇る伝統文化そのものですね。


そんな真摯にお酒造りに取り組まれている仕事場を見学させていただきました。
コチラはこれから搾る準備をされている醪のタンク、このタンクから搾る木製の槽(ふね)の
方へホースで送りこまれます。
f0232994_453479.jpg



清酒の仕込みは現在は3回が一般的で『3段仕込み』と呼ばれています。
1回目の仕込みは『初添(添)』2回目の仕込み『仲添(仲)』3回目の仕込み『留添(留)』。
酒母→添→仲→留では前の工程の2倍になるように麹、蒸米、水を加えて醪を増やしていき、
『留』の工程から2〜4週間経てアルコール発酵が完了し、搾りの工程となります。
f0232994_583669.jpg



木製の槽(ふね)の方では着々と搾る準備が進められています。
タンクの醪がどんどん送られて、少なくなってきています。真っ白な醪から芳醇な香りが蔵の中
に広がっています。
f0232994_516341.jpg




搾りの工程は、今まで長い時間をかけて仕込まれた日本酒のクライマックスといったところでしょ
うか?先程のタンクから送られた醪を『酒袋』に入れて木製の槽の中にきれいに並べていきます。
f0232994_5222474.jpg



『酒袋』を『槽』に積み重ねて置いて行く途中から無加圧で自然とお酒が流れでてきます。
『あらばしり』と呼びます。
f0232994_530237.jpg

f0232994_5301388.jpg

『酒袋』を重ねているうちに自然と流れでてきた田中六五の『あらばしり』、うすにごりです。
さっぱり淡麗に感じました。貴重なお酒の試飲をさせていただきました♪


今日はちょっと長くなったので、明日に続きます。
昨日、白糸酒造さんを見学させていただいて、私ども居酒屋が、蔵元と消費者を繋ぐいい架け橋になる
ためには、どうしたらいいのかとぼんやり考えています。
蔵元さんは日本の伝統文化を守られ、私達はお酒をとりまく食文化を守っていかねばと思いました。

by ikkoku-dou | 2011-03-08 05:47
2011年 03月 07日

バルサミコ酢のすべて

今週は九州新幹線が全線開通でまたまた博多駅は盛り上がりそうですね♪
鹿児島までまたまた近くなるし、どんどん便利になりますね〜。
f0232994_2163170.jpg


ブログでお願いしていたら本当にOさんが持って来てくれました!ありがとうございます。
年末にクリスマスプレゼントとしていただいた本、『イタリアトマトのすべて』著者はOさんの
お姉様です。そのトマトの本の前にバルサミコの本も出版してあって、その本を大将がOさんか
らいただいていたにもかかわらず、どなたかにあげてしまって、みたいな〜とブログで書いてい
たら。優しいOさん!もって来てくれました♪
Oさんのお姉さんが書かれた『バルサミコ酢のすべて』、奥の深い本です。
「モデナ産バルサミコ酢」と「モデナ産の伝統的なバルサミコ酢」は大きく違うという事。
詳しくし知りたい方は本を読んで下さい。ご希望だったら一刻堂でおみせします〜♪
f0232994_252815.jpg



Oさんのお姉さんの『イタリアトマトのすべて』がサンデー毎日で、荒俣さんがその本をとりあげて
書かれています!またまたスゴイ!Oさんのお姉さんってどんな方?
f0232994_2542390.jpg
f0232994_2541340.jpg


by ikkoku-dou | 2011-03-07 02:54
2011年 03月 06日

七本槍

大河ドラマ『江〜姫たちの戦国』、見てますか〜?
大将は大河ドラマが大好きです。ほとんど今までのも全部見ているのではないでしょうか!?
私も何となくみてましたが、最近は引き込めれて観ています。
この前は柴田勝家を演じる大地康雄さんのお父さんぶりにホレボレしました♪
今日の放送は、三姉妹との絆も深め勝家が賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)の前に苦悩する
ところでしょうか…。
賤ヶ岳の戦いといえば七本槍。秀吉方で功名をあげた兵うち7人が後世に賤ヶ岳の七本槍(しずがた
け の しちほんやり)と呼ばれています。例えば加藤清正(安土桃山時代から江戸時代初期の武将。
肥後国熊本藩初代藩主)など。

タイムリーに入ってきた滋賀県の冨田酒造の日本酒、『七本槍』。
冨田酒造さんはの天文年間(1532年~1555年)の創業で全国でも屈指の古い歴史の酒蔵です。
賤ヶ岳 七本槍の古戦場の近くに冨田酒造はあります。
天文年は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らが生まれた時代。めちゃ!はるか昔〜、めっちゃ戦国時代!
そして、天正10年(1582年)本能寺の変、
天正11年秀吉、賎ケ岳の戦いで、柴田軍を破り。勝家、北庄に逃れ自害。
そんな戦国ロマンたっぷりなネーミングの『七本槍』風格もなんだか戦国武将を想像しちゃいそう。
野太い骨太な日本酒でしょうか…。
お燗でも冷やでもどちらもオススメです。辛口でありながら決して淡麗ではなく、米の旨みが複雑に
からみあった濃醇な味わいです。
f0232994_4444654.jpg




今月はこんな感じで日本酒をそろえています〜。個性派ぞろいの日本酒たちです。
f0232994_504283.jpg



あっ!大将は歴史の話になると結構うるさく語りだしますのでご用心を…。

by ikkoku-dou | 2011-03-06 05:11
2011年 03月 05日

雄町

何日か前のブログに少し書いていましたが、3月からまた、日本酒が入れ替わりました。
今回は、酒造好適米の『雄町』に注目して、この2本を選んだようです。
『鍋島 純米吟醸 雄町』と『醸し人九平次 純米吟醸 雄町』。
『雄町』は山田錦や五百万石などのおじいちゃんにあたり、現在の酒造好適米の約2/3の品種は
『雄町』の血が受け継がれているそうで、酒米のルーツとも言えるお米なのです。
f0232994_4325215.jpg


昨年9月の住吉酒販主催、飲食店向けの日本酒セミナーの事を思い出しながら『雄町』のこの2種類
の日本酒を味わってみました。
九平次さんが言われていました「ナチュラルな材料はポテンシャルも高い」と…。
お話をうかがって九平次さんは大変、材料にこだわってお酒を醸されている蔵元さんだと思い
ました。そんなポテンシャルも高い材料『雄町』の醸し人九平次 純米吟醸、飲んでみて一言
「美味しい〜♪」。
爽やかな香りと酸味と米のコクと旨みがふわっと広がり、心地良い味わいです。
f0232994_5541388.jpg



そして、コチラもスペシャルな日本酒です。
日本の雄町の最高峰ともされる『赤磐雄町』を使用。『鍋島 純米吟醸 雄町』。
お米本来の甘みと旨味を十分に引き出したジューシーな美味しさ、それでいて後味は酸のお陰で
キレがとってもいいのです。お米ってこんなに甘いの?と思います。フルーツの様な甘みさえ感じ
ます。それにこの真っ赤なラベル!今年も『鍋島』燃えてます♪情熱の赤!
f0232994_652235.jpg



ぜひとも、この機会に『雄町』のお酒を味わって下さいね〜♪

by ikkoku-dou | 2011-03-05 06:16
2011年 03月 04日

風の森

大将が帰宅して、「雪降っとったヨ」と言ってましたが、見られた人いますか?
マジですか!?って感じですね〜。
昨日は本当に寒い一日でした。また冷蔵庫の中に入っているようでしたね…。


いつもの営業前の風景♪みんな顔つきが違います。バタバタ…。
と思ってたら、呑気にピースなんかしてる兄さんもいたりして…、営業前はそれぞれの連絡事が
飛び交い、それぞれのポジションでスタンバイ!
f0232994_7192098.jpg



一刻堂に来店されるお客さんの大半は『お刺身』を注文されます。
そこで、刺し場のポジションは営業前は超いそがしー!カメラを向けても、顔を上げてる余裕
なんてありません…。お客さんに美味しい刺身を食べてもらおうと必死です!
いつもに増して、じろうちゃん!超真剣!!!
f0232994_7414184.jpg



冬の白身の王様♪『ふぐ』は今月、春分の日ぐらいまでです。
あと、2週間ぐらいですね。お刺身の中で一番好きな『ふぐ』繊細な味わいの中のも旨味があり
シコシコもちもちです。食感がイイですね〜♪『ふぐ』が終わったら、今度会えるのは夏が終わ
って、秋が深まる頃、半年間のおわかれです…。食べ納めしとかなきゃ♪
f0232994_7495158.jpg



なんともきれいな名前の日本酒が入ってきました。『風の森』響きだけでロマンを感じます。
『風の森』という銘柄の日本酒を醸されているのは、奈良県の南部の蔵元、油長酒造さんです。
こだわりの蔵元さんのようで…、無濾過生原酒にこだわる酒蔵さんです。
1,全て純米酒 2,全て無濾過 3,全て無加水 4,全て生酒 5,搾り方のこだわり

今回入荷のお酒は、『風の森』の季節の限定酒で『真中採り』。
奈良のお米、飯米の秋津穂を全量使用した純米酒、荒走りと責めの部分を大幅にカットした、
超中採りの部分のみを贅沢に瓶詰めしたお酒です。
無濾過生原酒ながら、透明感がありクリアな味わいが特徴的で、旨味、キレイな酸と後口は切れ
よく、バランスのとってもイイ日本酒です。
f0232994_8155126.jpg



『ふぐ刺し』や『春野菜』など相性バッチリです♪爽やかな風を感じる事が出来ますヨ〜♪

by ikkoku-dou | 2011-03-04 08:21
2011年 03月 03日

Made In 石垣島

なんだか…、さむ〜い!!!鼻水グスグスです…。
そんな、まだまだすぐには暖かくなりませんが、暖かい場所から荷物が届きました〜♪
段ボールいっぱいの『島らっきょう』、石垣島から届きましたよ!!
f0232994_15343269.jpg



『島らっきょう』は『浅漬け』にしています。ポリポリとおつまみ感覚で食べて下さい。
f0232994_15362160.jpg



あと、『島らっきょうの天ぷら』こちらはホクホク、サクサクした食感がクセになりそうです。
f0232994_15372521.jpg



こちらは、甘〜い、石垣島産、泡盛で有名な請福酒造の『黒糖梅酒』♪泡盛ベースの梅酒です。
ミネラル分が豊富な黒糖で仕込みを行う事により、梅の爽やかな酸味と黒糖の豊かな甘味に泡盛の
力強さを加わった梅酒です。甘いお酒が好きな女性にオススメです。
ストレート、ロックは勿論の事ソーダ割りなどでお楽しみくださいね〜♪♪♪
他にも、果実酒はイロイロありますヨ〜。
f0232994_15433386.jpg



早くコイコイ♪暑い夏〜♪
f0232994_15444769.jpg

寒い寒いと嘆いていたら…。大将…、「なんくるないさ〜」だって!どんだけ沖縄好きなんでしょうか…!

by ikkoku-dou | 2011-03-03 15:47
2011年 03月 02日

新登場

さぁ!3月、JR博多駅シティのオープンで福岡の街も活気に満ちていますね♪
福岡初上陸のお店や、人気のお店が盛り沢山で、聞いているだけでワクワクしますが、
混雑は苦手なので落ち着いた頃に行ってみよ〜と…。
肌寒いながら、青空が広がり清々しい3月です。
月初めで朝からバタバタしていて、すっかり更新が遅れてしまいました!朝方、またもや書いた
ブログの内容が消えてしまって、かなりヘコみましたが…。こんなになったのも2回目なので、
やり方を考えねば…。


昨日、深夜一刻堂に行ったら、事務所でおさむちゃんがジミ〜に『つくし』のハカマをとって
ました…。
大きな手で小さな『つくし』のハカマとり…、見ていてなんだか笑ってしまいました。
f0232994_18205173.jpg



春と言えば『筍(たけのこ)』旬の味覚ですよね〜♪♪♪
『焼きたけのこ』でメニューにのせています。お塩か、味噌をつけて食べて下さい。
ホクホクですヨ〜、食べた時の口いっぱいに春を感じます。
f0232994_18241749.jpg



日本酒がまたまた入れ替わりました♪
f0232994_18252714.jpg

とりあえず、今日はここまで〜、また明日から少しずつ説明させていただきます〜♪

by ikkoku-dou | 2011-03-02 18:27
2011年 03月 01日

今までありがとう♪

2月28日は文ちゃん最後の出勤日!
営業前に文ちゃんに聞きたい事があって電話したら、文ちゃんが「グスンっ」と泣いたような声で
電話に出て「どうしたん?」と聞くと、「ハイ、ちょっと感動してて…」。
私は???と思って文ちゃんに聞きたい用事を済ませ、電話を切った後も???と思ってましたが、
夕方から営業にかけてずっと感無量で涙してたそうです!
私、「どうしてそんなに涙がでるの?」と聞いたら、周りにいた人から「ヒド〜イ」と非難されちゃ
いました〜。「どうしてこんなに涙がでるの?」ちゅうぐらい涙を流していたらしい…デス。
f0232994_6165290.jpg



文ちゃん出勤最後の日、親しい友人が集まっていただきました。ありがとうございます。
Mさん、Kちゃん、Kさん、Oすけ、Mちゃん、それに昨日は、Sくらさん、高砂の『まさ喜』の中村
さん仲良しご夫婦♪文ちゃんがみなさんに可愛がられて一刻堂で頑張っていたんですね〜♪


深夜、私が一刻堂に向かうと、お店の外で文ちゃんとOさんの笑い声が…。
涙から爆笑へと変わっていました!さすがOさん!
写真、ピンボケしてました〜。Oさん、ちょっとピンボケ気味の方が都合いいですかぁ〜?!
左の男、見覚えありませんか?一刻堂の伝説の元スタッフTくんです。バリで○○に噛まれた武勇伝
を持つ、何かと話題を作ってくれる男です。最近は高砂の『八お野』に出没中♪
後ろの人影、背後霊ではありません…。
f0232994_6384917.jpg



そして、コチラ春吉の『たらふくまんま』さんと『力飯店』さん♪ありがとうございます。
なんだか、こちらの席の方々、大将も交えて熱きトークを展開されていました。
この前は、まんまVS力飯店の夫婦漫才には笑わされてお腹がヨジレそうでしたヨ!Pちゃん!
まんまチーム!店長のKクン、Pちゃんを中心にチムワーク万全で勢いがあります♪
f0232994_7261895.jpg



一刻堂のスタッフ一同からは恒例?のやかん?!
アレっ?形違うやん!ってこっちの方が実用的かも…。小さなやかんの中にも、ゆうちゃんが下見までして
買ったものが入ってました〜。それ見て、文ちゃん「もっと高いの欲しかった!」…。
詳しい話の内容は、直接的場くんまでお問い合わせ下さい…。
f0232994_7364356.jpg



そんなこんなの2月の最後の日…。文ちゃん、今までありがとうございます。
色々な事があっいたけど、結構!笑い話が多かったね〜。
f0232994_741321.jpg



で!今日から文ちゃんがいなくなるので、ホールはゆうちゃんの天下かぁ?
要領悪いけど、演技力はあるもよう…。
f0232994_7444245.jpg



昨日は、じろうちゃんとおさむちゃんがお休みの日。
送別会の時が全員出勤だったのに〜、とりあえず、卒業記念風!!!しかし卒業証書もないし涙もありません!
すぐに会えるし、何日か後には深夜、一刻堂のカウンターに座っているような気がするんだもん!
福岡は狭いし、西中洲はすぐ近く〜♪
f0232994_7551888.jpg



一刻堂の常連のお客さん!これから西中洲ばかり行っちゃダメですヨ〜。
ちゃんと清川経由でお願いしますヨ〜♪♪♪

by ikkoku-dou | 2011-03-01 08:04