一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 21日

石垣島4日目-最終日

まだまだ引っぱる、石垣島…。
しかし、ついに最終日の報告です。

最終日はお昼に全員集合で、石垣島の『八重山膳符・こっかーら』さんに食事に行きました。
離島ターミナルの市街地から、2キロぐらいの静かな場所にあります。
八重山の宮廷料理を、コースお料理で楽しめるお店です。
緑の豊かなお庭がある、静かな一軒家のお座敷で、石垣島の最後のお食事です。
f0232994_5243954.jpg

色々な琉球の調度品に目が奪われます。

f0232994_527561.jpg

まず、1品目。ゴーヤのしゅりしゅり。りんごとゴーヤがすりおろしてあり、トップに
パッションフルーツがのってました。酸味と甘みと苦みが爽やかでした。
f0232994_5311972.jpg

豆腐ようと、ガラスの器に盛られているのは、葉っぱ(長名草)の上は八重山みそ、
赤いのがローゼル、黄色がはんそうの花(ゆり科)、らっきょう。
f0232994_5372246.jpg

いらぶちゃー(青ぶ鯛)の刺身、海藻のスーナーと、長寿草の千切り(長名草は1枚
食べると、一年寿命がのびると言われてます。)
じろうちゃんが、「ここのお刺身、冷たい…」と言ってましたが、八重山で食べた
お刺身の中で、ここのお刺身のみ冷えていました。安心感!!
お刺身を酢みそでいただきました。
f0232994_5442925.jpg

じーまみ豆腐(ピーナッツ豆腐)
f0232994_545684.jpg

もずくの天ぷら。もずくが天ぷらになるんですね〜。
f0232994_5453339.jpg

島豚の3枚肉の味噌煮。お肉は柔らかく、さっぱりしてました。
f0232994_5521646.jpg

炊き合わせ。冬瓜、人参、アダンの新芽、オオタニワタリ、がんもどき、昆布。
甘いお出汁でした。
f0232994_555173.jpg

パイナップルに似た実がなる、アダンの木。海岸近くでよく見かけます。
アダンの葉の新芽の部分はをよく、お野菜料理でいただきました。
f0232994_5561942.jpg

彩飯。彩りの美しい、やさしいお出汁の、雑炊みたいな感じでした。
f0232994_5583322.jpg

デザートは青豆のぜんざい。甘さがおさえた、ほっこりする優しい味のデザートでした。
f0232994_6191598.jpg

琉球のお料理は、食材が見なれない物が多いですが、どれも体に良さそうで、
一皿ごとに命の恵みをいただき、元気エネルギーが充電された感じです。

食事が終わればまた、自由行動。最終日なので、お土産を買ったり、名残惜しく
観光したりと様々でした。最終便の時間いっぱい、楽しみました〜。

八重山はどこに行くのも、間違いなしのいい所ばかりです。
何度も訪れたくなる島々です。リピーターが多いのも頷けます。
f0232994_6101530.jpg

f0232994_610305.jpg

人情にあつく、エネルギッシュな人が多く、八重山の風景や人に癒された
3泊4日の旅でした。

福岡でも、エネルギッシュに頑張ろう!!
f0232994_614524.jpg

また来年も来れたらいいね〜♪
[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-05-21 06:21
2010年 05月 20日

石垣島3日目-竹富島、波照間島

大将と私は昨日紹介した、鳩間島へ行きましたが、アクティブ5人組は『竹富島』へ。
のんびりマイペースな、じろうちゃんと、布江くんは、『波照間島』へ。

今回の一刻堂の旅行で石垣島は5回目ですが、宿泊するホテルがだんだん、
石垣港離島ターミナルに近くなります。
f0232994_3102839.jpg


それでは、アクティブ5人組の『竹富島』!
的ちゃん、岩下くん、長野くんのチームと、山ちゃん、せいちゃんのチームに分かれて、
民宿に宿泊したそうです。
民宿もなかなか、楽しかったみたいで、その話はお店で聞いてくださいね〜。

『竹富島』は石垣港からフェリーで10分と近く、石垣島のお隣の島です。
美しい赤瓦と、美しい町並み、こちら的ちゃん提供の写真。鈍曇りですネ。
f0232994_3162351.jpg

晴れていると、空が青くて、道が珊瑚の砂で白くて、建物の屋根瓦が赤くて、
コントラストが眩しく綺麗で、クラクラしそうです。
こちら、私が何年か前に撮った晴れた、竹富島。
f0232994_3212676.jpg


赤瓦の上には必ず、シーサーがいます。それぞれ、色々な表情のシーサーを
見るのも面白いんです。
f0232994_3241626.jpg

竹富島といえば、水牛観光。水牛車にのって、町並み観光。
水牛の、のんびりペースで島の風景を眺め、水牛をたくみにあやつるお兄さんの奏でる、
三線と島唄のBGMが本当に心地いいんです。狭い道のコーナーも、水牛くんは内輪外輪差
を考えて、ちゃんと曲がってくれます。
f0232994_3312647.jpg

こちらは、潮がみちているときの『コンドイ浜』
潮が引いていると、眩しいくらい白砂がどこまでも広がり、海の色が鮮やかなブルーで、
透明度がバツグンのおだやかなビーチです。
f0232994_3385628.jpg

しかし、この5人組、どこへ行っても、沢山飲んでいたようです…。
なんだか、まったりしてますね〜。
f0232994_3405125.jpg

f0232994_341152.jpg

島の町並みを高い所から見渡せる、『なごみの塔』
定員は1人か2人だったような…。何人で登ったの⁈階段が急で狭いです。
f0232994_3463445.jpg

八重山の原風景が広がり、ゆっくりした島時間に癒される、『竹富島』です。
5人の男達も癒されたのかな〜!?

じろうちゃんと、布江くんは2日目に『竹富島』と『小浜島』行って、(結構、アクティブ)
3日目は『波照間島』へ。
『波照間島』へは石垣港からフェリーで1時間と遠く、有人島としては日本最南端の島です。
「果てのサンゴ(うるま)の島」で、波照間島と言われているらしいです。
フェリーは天候が少しでも悪いと、すぐ欠航になるので、要注意です。
八重山のフェリーは、どこの会社も結構とばします!
f0232994_445354.jpg


大将と私が鈍曇りの『鳩間島』にいる時、じろうちゃん達に連絡したら、『波照間島』は快晴!
との事。「えっー、うそだ〜」と思ってしまいましたが、日焼けした布江くん見て、納得!!
じろうちゃん達に、波照間島の写真、ちょうだい!とおねだりしましたが、ずっと海に入っていて、
写真を撮ってないとの事でしたので、昨年撮った私の写真を紹介します。

『波照間島』は周囲14.8キロ(竹富島周囲9.2キロ、鳩間島周囲3.9キロ)の大きな島ですが
自転車で1時間ちょっとで景勝地をめぐる事が出来ます。レンタカーやレンタバイクもありますが、
私はやっぱり自転車がおすすめです。自転車だとちょっとした風景にもすぐ止まれるし、
風が気持ちいいんです。こちらは島の中心地。民宿やカフェだって色々?あります。
f0232994_4233540.jpg

最南端の海岸へ向かう道。この写真の道は舗装されてまでんでしたが、
ほとんどの道が舗装されていますので、走りやすいです。
f0232994_427324.jpg

日本最南端の碑。ここから島の南東部の高那崎まで断崖絶壁が1キロぐらい、続いています。
海の色は深い紺色。
f0232994_434365.jpg

八重山ナンバーワンのビーチ、『ニシ浜』
はてるまブルーと言われ、ブルーのグラディーションが美しいです。
リーフまで干潮の時は歩いて行けて、珊瑚も美しくシュノーケルするのも楽しい海です。
眺めているだけでも癒されます。
f0232994_574526.jpg


のんびりマイペースな、じろうちゃんと、布江くん!晴れた青空のもと、海に入って、羨ましい!
今回の旅行、日焼け率ナンバーワンの布江くん!『波照間島』へ行ってよかったね〜。
昨年の教訓をいかして、じろうちゃんは紫外線をガードしたみたい…。
f0232994_513359.jpg

[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-05-20 04:35
2010年 05月 19日

石垣島3日目-鳩間島

毎日、毎日、石垣島旅行でスミマセン。
私的に飽きて来たので、昨日は少し道にそれたのですが、大将が「3日目の事かいてないやん!」
とチェックを入れて来たので、今日は3日目に行った『鳩間島』をご案内します。

石垣島から西表島を経由して鳩間島まフェリーで40分の、定期便が運行する島の中で
一番小さな島です。
カメラにすっぽり収まる程なんです。島周辺はぐるりと珊瑚礁に囲まれています。
f0232994_541234.jpg


島の集落のメインストリートは歩いたら5分で終わるぐらい。
f0232994_5443482.jpg

アスファルトの道はほとんどありません。こちら集落近くのメインストリート。
f0232994_5454965.jpg

緑がきれいなお庭のお店(ゆみさんち)でお昼ごはんをいただきました♪
f0232994_5482766.jpg

のんびり、お昼寝がお似合いの、小さな島です。
f0232994_5494313.jpg


ゆみさんに教えてもらった、『アヌンカー』昔の井戸らしいです。
現在は西表島から水道を引いているらしく、今は使ってないとの事でしたが、『やしがに』
が捕れるらしく、底は今でも地下水が溜まっていました。
f0232994_5585983.jpg


鳩間島はぐるりと写真のような外周道路があります。ほとんどの道がこんな感じです。
外周道路もネイチャー満載の島なんです。
チョウチョや、アゲハ蝶、昆虫、鳥類、など沢山の生物とご対面できます。
f0232994_661270.jpg


リーフが近く、波が高く近寄れませんでしたが、リーフ内は浅瀬で珊瑚と生物の楽園の
ような『立原浜』です。シュノーケルしとけばよかった…。
f0232994_6104412.jpg

あなごだと思います。浅瀬に色々な魚もいましたが、動きが速くて、撮れてませんでした。
観てほしいのは、この砂、ほとんど、星の砂状態。
f0232994_6131535.jpg

うにと思って撮ったけど、違いますよね…。ヒトデの仲間?
f0232994_6235153.jpg

浅瀬にも珊瑚が沢山です。
f0232994_6244216.jpg

シャコガイを見つけた時は、かなり興奮しました〜。
f0232994_6254841.jpg

浜辺の近くの茂みには、琉球ではお祝いで食べられる、野生の白くて、可愛いこ達に会えます。
f0232994_6321697.jpg


西表島が見える浜(屋良の浜)は白い砂浜の穏やかな海で、のんびりして、とろけそうでした。
f0232994_635899.jpg


島を自転車で一周するのに、30分かからないぐらいの小さな島です。
珊瑚礁の美しさは八重山随一、らしいです。
観光客が少なく、自然がそのままの、ネイチャーアイランドです。

福岡から来たカッパも出没!!

f0232994_6424851.jpg

[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-05-19 06:46
2010年 05月 18日

石垣島ー個性派

このところ毎年、八重山の島に行ってますが、毎回ものすごく、島の文化や人の個性に
引きつけられます。八重山の人も、物も、自然も、もの凄く個性豊で、力強さを感じます。

あやぱにモールの近くの『トニーそば(栄福食堂)』さんも、もの凄く個性が強く、
底知れぬエネルギーを感じました。
f0232994_495875.jpg

f0232994_4111180.jpg

外観はブルーで、『やぎそば』があるお店です。凄く目立つお店で、TVの取材や、雑誌の
取材も多いらしいです。
f0232994_414188.jpg

アルコールは午後6時までしか飲めません!本当?
f0232994_4155474.jpg

おっちゃんが赤木圭一朗のファンらしいです。
f0232994_41956.jpg

なんだか、かなりレトロちっくです。
f0232994_420409.jpg

手前(私が食べました)は『八重山そば』奥(大将がたべました)は『やぎそば』
『八重山そば』は豆腐がのっていて、不思議な感じでした。
『やぎそば』は結構食べやすかったそうです。
f0232994_4233823.jpg

こちら、『ピパチチャイ』ピパチとは島コショウのことです。
おいちゃんがピパチを栽培して、香辛料のピパチをつくられています。
チャイにピパチが入って、ピリリッとしてあまーい、チャイです。
f0232994_4291972.jpg

こちら、おいちゃん!かなりのマシンガントークで短時間で、どんなお店か把握できました〜。
そばを食べ終えて、ほっと一息ついたら、夜11時過ぎているのに、おいちゃん!
「ビールとか泡盛のむか?」と聞いて来ました、「アルコールは午後6時までじゃないの?」と聞くと
「変な客が来て、お酒のんで騒いだりしないように」だって…。そう言いながら、有無も言わさず
『ピパチチャイ』を飲んでみて〜と営業トークもバッチリのおいちゃん!
おいちゃんの自慢のピパチを栽培の事や、赤木圭一朗(トニー)の事、お店の事など
熱いマシンガントークが、めちゃくちゃエネルギーを感じました〜。

石垣島の人気者!『石ラー』めちゃくちゃ人気で、驚きました〜。
f0232994_446832.jpg

f0232994_446255.jpg

辺銀食堂の『石垣島ラー油』本当にビックリです。昨年は昼頃、買いに行っても買えたのに、今年は
売れ切れ、こうなれば、朝いち、朝9時に行ってみたら、この行列!!!「なぜっ?」と思いました。
f0232994_4511550.jpg

別の所で、ちょい高い、『石ラー』を購入しました。天神のわしたショップでも、時々売ってるらしい
です。やっぱりちょい高めらしいです。しかし、現在のラー油ブームは『石ラー』からなのか…⁈

あやぱにモールの中央ぐらいに公設市場があります。島の食材が色々あるので、見るだけでも楽しい
です。公設市場の前に、おばぁのお店があり、乾物、野菜、フルーツ、色々な食材が並んでいます。
f0232994_502987.jpg

こちらのおばぁも、かなり個性的ですよー。楽しいトークありがとうございます〜。
f0232994_533695.jpg

毎年、『うこん』を購入します。『しょうが』みたいですが、『うこん』です。すりおろして
食べてみると、マズイ!!薬だから仕方ないか…。

f0232994_573565.jpg

まだまだ、南国ちっくな一刻堂のカウンターです。
島バナナ、黄色くなると食べ頃ですよー。
[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-05-18 05:10
2010年 05月 17日

石垣島2日目-アクティブ派

まだまだ石垣島の報告が続きます。
自分でもなんだか飽きて来た感がありますが、まだまだ続きますのでご勘弁を…。

2日目、元気な若者5人はアクティブに海へ!
前日朝4時まで飲んでた、山ちゃんとせいちゃんはヘロヘロ状態だったみたいです。
f0232994_411302.jpg

山ちゃん、かなり死んでるみたい…。そのピース何っ?

イグレックの長野くん船舶免許をお持ちのようで、やっと活用出来たみたいですね!
f0232994_4163816.jpg

曇り空でも、若者?には関係ありません…。
色々なマリンスポーツを楽しんだみたいですね。
f0232994_4191787.jpg

f0232994_4192764.jpg

ジェットスキー!的ちゃん、カッコイイ♩一番上手にのったらしいです。
みんなもほとんど、ジェットスキーは乗れたらしいです。運動神経いいんですね♩

午前中はやっぱりグロッキーな男。
f0232994_4223728.jpg

山ちゃん、無理矢理、海に連れて行かれたの?船の睡眠も気持ちいいかもね〜。
f0232994_4235781.jpg

山ちゃん以外のみんな、楽しそう♩

バナナボート、男5人でやって、楽しいのか…。
f0232994_4273372.jpg

後で聞いたところ、結構チームワークが必要でらしいです。
f0232994_4291229.jpg

絶叫マシーンさながらのものが、次つぎ登場です。参加しなくてよかった…。
f0232994_4305316.jpg

この後、お決まりで振り落とされて、凄い勢いで海に投げ出されたらしいです。
水面を石ころが転がるように、ピョンピョン水面を人間が跳ねたらしく、「骨折れた」と
思ったらしいです。そこまでして、こんなイジメみたいなスポーツ?する人の気が知れません…。
f0232994_435591.jpg

絶叫マシーンばかりで、楽しかった反面、ものすごい筋肉痛らしく、帰って来ての営業中にも
「体が痛い、イタイ…」と苦しんでいました。何と声をかけてよいのやら…。

f0232994_438187.jpg

f0232994_4382849.jpg

石垣島と竹富島の間の美しい海で、シュノーケルしたらしいのですが、10分ぐらいで終了した
と聞いて、本当に行動を共にしなくてよかったと思いました。
こんな美しい海の中に10分しかいなかったなんて、私には考えられません!もったいない!
若者達は美しい海の中より、絶叫マシーンの方が楽しかったみたいですね…。

f0232994_4432626.jpg

楽しかった事には違いありません!なぜ?シャンパン⁈
私には全く理解出来ない、男5人組でした…。

こちら、オオタニワタリ、石垣島の山菜です。
f0232994_4483964.jpg

シダ科の植物で新芽の部分です。八重山では古くから山菜として親しまれています。
一刻堂では、天ぷらにしています。数に限りがありますので、お早めにどうぞ!!
[PR]

# by ikkoku-dou | 2010-05-17 04:13