一刻堂の裏方日記

ikkokudou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 24日

升々(ますます)

一刻堂のカウンターに焼酎のマグナム瓶をディスプレイしてます。
石垣島のお酒屋さんで購入した、波照間島の『泡波』
f0232994_4323766.jpg

日本最南端の酒蔵で『泡波』は基本、波照間島だけで消費される量しか製造されていません。
このマグナム瓶は、2升5合で、益々繁盛(ますますはんじょう)升升半升に、かけてあり
商売には縁起のよい語呂合わせです。
このボトルを見てると、波照間島の本当に美しい海を思い出します。
f0232994_4412248.jpg

いつまでも見ていたいと思わせる、波照間島の『ニシ浜』、眺めても美しいですが、
海の中の珊瑚やお魚も美しく、海遊びも楽しい海です。
いつかまたチャンスがあれば絶対行きたいと願っています。
こんな美しい島の泡盛、是非飲んでみて下さい!

岩下くん、ジューサーで薄緑色のものをペーストにしていました。
f0232994_4512261.jpg

スミマセン!色が分かりにくいです…。綺麗な鶯色です。
牛乳や生クリームを加えて…。
f0232994_4542192.jpg

スープ状のものになっていました。まだ試作らしいので、出来たら報告します!
営業中でもお客様のオーダーが少ない時間、空いた時間に、いつも何か試作を
作っているようです。

お客様のオーダーとは違った動きのじろうちゃん、でかい中華鍋をダイナミックに
振ってると思ったら、何か美味しそうなものが出来てました〜。
f0232994_545129.jpg

いつも、まかないを見て思いますが、デパ地下に売っていそうなお惣菜みたい…と。
夜のまかないは順番でとっていくので、最後に食べる人はいつも冷めています。
覚めても美味しそうな『まかない』でした。

今日は私事で…。友人のSさんのお誘いで、お料理教室に行きました〜。
フランス人のOlivierと奥様のNorikoさんが主催するフランス雑貨のアトリエで行われる
お料理教室です。オリビエさんはフランス語を話し、奥様が通訳しながらお料理を教えて
くれます。フランス語の勉強には一石二鳥な感じです…。
オリビエ夫妻からメールが来て、こんな写真を送って頂きました〜。
f0232994_5223867.jpg

フランス雑貨も女子には心ときめく品々ばかりです。
可愛い空間で、美味しいフランスの家庭料理と、温かなOlivier&Norikoさん、
心温まる時間でした!
我が家の晩ご飯で、再現出来るか…。

# by ikkoku-dou | 2010-05-24 05:36
2010年 05月 23日

お野菜

昨日も雨でしたが、今日も雨ですね〜。じとじとベタベタ…嫌な季節です。
せっかくの日曜日、雨となるとなんだかしょんぼりしちゃいますね…。
雨でも日曜でも一刻堂は元気に営業してます!
こんな嫌な季節、天候の微妙な変化で体調を崩しがちですが、ビタミンやミネラルを
摂って、体の免疫力を高めたいですね。

『野菜と魚の南蛮漬け』写真は団体様のコースの一皿ですが、この季節、南蛮漬けは
オススメです!!!
f0232994_615879.jpg

野菜の彩りも美しく、食べても栄養のバランスがいい南蛮漬けは、タンパク質、ビタミンB
カルシウム、カリウムが豊富です。
お酢の風味も食欲がそそられる、一品です!

こちらは、お酒のつまみとしてや、ちょっと箸休めに『野菜のビール漬け』
f0232994_68532.jpg

お野菜のシャキシャキした歯ごたえと、風味が爽やかなお漬け物です。

ちょっとお疲れモードの方にオススメしたい『にんじんの野菜スープ』
生クリームのコクとにんじんのやわらかい甘さ、たまねぎの風味がアクセントになった、
優しい味のスープです。
f0232994_6202172.jpg

カロチン、ビタミンも豊富なにんじん、体の中から元気になりそうですヨ。

これからの季節まだまだ夏野菜が登場してきます。
『焼き野菜』で色々なお野菜をおためし下さい。
f0232994_6263781.jpg

炭火で焼いた、『ヤングコーン』『とうもろこし』『アスパラ(ホワイト.グリーン)』
超!オススメで〜す!!!

小さいなレッドピーマン(スミマセン!名前忘れました!)可愛いんです。
f0232994_6331462.jpg

可愛いレッドピーマンと共に、今が旬?の文ちゃん!超?オススメです!

久々、ボン登場!!
f0232994_6371957.jpg

相変わらずのビビリ犬です。
私が帰宅すると、「ただいま!ボン!」と言っているのに、出迎えナシで、なぜか扉越しに
ジドっと見つめるボン君!なんでよっ!!!

# by ikkoku-dou | 2010-05-23 06:42
2010年 05月 22日

ピース

気がつけば5月も、もうすぐ月末!
昨日は暑かったですね。
石垣島では、毎日曇りで、あまり暑くなく、テンションが上がりませんでしたが、
帰って来たとたん、毎日爽やかな日差しが続いたと思うと、暑くなって来て、
「遅いよ」と思いましたが、私は夏が大好きなので、暑い日が多くなると、嬉しくて
ウキウキします。そんな夏にもピッタリな日本酒が入荷しました。
『東一Nero純米吟醸』あの洞爺湖サミットで世界のVIPに振る舞われた、お酒です。
f0232994_4593585.jpg

しっかりとしたお米の旨味と上品な香り、アルコール13度の軽やかさとのバランスが
素晴らしい日本酒です。食事と共に楽しむお酒として、これからの食中酒といえる1本です。
お刺身など、この季節、特に『うに』との相性バツグンです。

春の炊込みご飯の、『たけのこ』ももう終わり、この季節は、『ピースの炊込みご飯』です。
f0232994_5115559.jpg

ピースの甘さと、ご飯にちょっと、しょう油が入っているので、しょう油の塩加減が
美味く、お酒の後の〆にピッタリな、炊込みご飯です。

なぜか?昨日まで、沖縄県魚の『グルクン』がネタケースに入ってました。
沖縄、八重山では、刺身や唐揚げでお馴染みのお魚です。
f0232994_5204579.jpg

正式名は『タカサゴ』独特の色合いですね〜。
「なぜ、仕入れたの?」と質問したら、「おもしろいから」と返事が来ましたが
昨日一刻堂のホールに入っていて、お客様に「グルクンってどんな?」と聞かれたので、
グルクンの説明をして、的ちゃんにちょっと話をふったら、「グルクンはめずらしい
お魚ですが、あまりおすすめしません!」とピシャリと言ってました〜。
大将!なぜ?おすすめじゃないお魚、仕入れたのかなぁ?

石垣島報告は終わったつもりでしたが、『沖縄』つながりで…。
的ちゃん、山ちゃん、岩下くん達が食べた、『やしがに』
f0232994_5353598.jpg

ゆであがりはコチラ!
f0232994_537773.jpg

意外に淡白な味わいだったらしいです。詳しくは、食べた本人達に聞いて下さい。

『やしがに』ついでに『やしがにせんべい』
f0232994_542203.jpg

レトロチックな包装ですが、『やしがに』くんは確固たる地位を築いているようです…。

『かに』つながりで…、『やどかり』んっ⁉つながって…る?まぁいいか…。
f0232994_5495251.jpg

黒島の浜辺の岩に、沢山いました〜。沢山お家もころがっていそうだし…。

いいおっさんが、一所懸命『やどかり』撮影。真剣です!
f0232994_5535912.jpg


ところで、毎日ブログのために、カメラをお店に持って行って、何かしら撮影し、
パソコンに写真を取り込んでいます。
今日も一日終わった〜と思いながら、パソコンに写真を取り込んでいると、
パソコンのモニターに見覚えある顔が…、私こんなの撮ってないのですが、
いつも、お店でお会いしている人がにこやかに…。
f0232994_60598.jpg

こらぁ!私がカメラを2階に放置していたすきに撮ったなー!!!
『ピースご飯』つながりでピースをする男…。チャンチャン!

# by ikkoku-dou | 2010-05-22 06:06
2010年 05月 21日

石垣島4日目-最終日

まだまだ引っぱる、石垣島…。
しかし、ついに最終日の報告です。

最終日はお昼に全員集合で、石垣島の『八重山膳符・こっかーら』さんに食事に行きました。
離島ターミナルの市街地から、2キロぐらいの静かな場所にあります。
八重山の宮廷料理を、コースお料理で楽しめるお店です。
緑の豊かなお庭がある、静かな一軒家のお座敷で、石垣島の最後のお食事です。
f0232994_5243954.jpg

色々な琉球の調度品に目が奪われます。

f0232994_527561.jpg

まず、1品目。ゴーヤのしゅりしゅり。りんごとゴーヤがすりおろしてあり、トップに
パッションフルーツがのってました。酸味と甘みと苦みが爽やかでした。
f0232994_5311972.jpg

豆腐ようと、ガラスの器に盛られているのは、葉っぱ(長名草)の上は八重山みそ、
赤いのがローゼル、黄色がはんそうの花(ゆり科)、らっきょう。
f0232994_5372246.jpg

いらぶちゃー(青ぶ鯛)の刺身、海藻のスーナーと、長寿草の千切り(長名草は1枚
食べると、一年寿命がのびると言われてます。)
じろうちゃんが、「ここのお刺身、冷たい…」と言ってましたが、八重山で食べた
お刺身の中で、ここのお刺身のみ冷えていました。安心感!!
お刺身を酢みそでいただきました。
f0232994_5442925.jpg

じーまみ豆腐(ピーナッツ豆腐)
f0232994_545684.jpg

もずくの天ぷら。もずくが天ぷらになるんですね〜。
f0232994_5453339.jpg

島豚の3枚肉の味噌煮。お肉は柔らかく、さっぱりしてました。
f0232994_5521646.jpg

炊き合わせ。冬瓜、人参、アダンの新芽、オオタニワタリ、がんもどき、昆布。
甘いお出汁でした。
f0232994_555173.jpg

パイナップルに似た実がなる、アダンの木。海岸近くでよく見かけます。
アダンの葉の新芽の部分はをよく、お野菜料理でいただきました。
f0232994_5561942.jpg

彩飯。彩りの美しい、やさしいお出汁の、雑炊みたいな感じでした。
f0232994_5583322.jpg

デザートは青豆のぜんざい。甘さがおさえた、ほっこりする優しい味のデザートでした。
f0232994_6191598.jpg

琉球のお料理は、食材が見なれない物が多いですが、どれも体に良さそうで、
一皿ごとに命の恵みをいただき、元気エネルギーが充電された感じです。

食事が終わればまた、自由行動。最終日なので、お土産を買ったり、名残惜しく
観光したりと様々でした。最終便の時間いっぱい、楽しみました〜。

八重山はどこに行くのも、間違いなしのいい所ばかりです。
何度も訪れたくなる島々です。リピーターが多いのも頷けます。
f0232994_6101530.jpg

f0232994_610305.jpg

人情にあつく、エネルギッシュな人が多く、八重山の風景や人に癒された
3泊4日の旅でした。

福岡でも、エネルギッシュに頑張ろう!!
f0232994_614524.jpg

また来年も来れたらいいね〜♪

# by ikkoku-dou | 2010-05-21 06:21
2010年 05月 20日

石垣島3日目-竹富島、波照間島

大将と私は昨日紹介した、鳩間島へ行きましたが、アクティブ5人組は『竹富島』へ。
のんびりマイペースな、じろうちゃんと、布江くんは、『波照間島』へ。

今回の一刻堂の旅行で石垣島は5回目ですが、宿泊するホテルがだんだん、
石垣港離島ターミナルに近くなります。
f0232994_3102839.jpg


それでは、アクティブ5人組の『竹富島』!
的ちゃん、岩下くん、長野くんのチームと、山ちゃん、せいちゃんのチームに分かれて、
民宿に宿泊したそうです。
民宿もなかなか、楽しかったみたいで、その話はお店で聞いてくださいね〜。

『竹富島』は石垣港からフェリーで10分と近く、石垣島のお隣の島です。
美しい赤瓦と、美しい町並み、こちら的ちゃん提供の写真。鈍曇りですネ。
f0232994_3162351.jpg

晴れていると、空が青くて、道が珊瑚の砂で白くて、建物の屋根瓦が赤くて、
コントラストが眩しく綺麗で、クラクラしそうです。
こちら、私が何年か前に撮った晴れた、竹富島。
f0232994_3212676.jpg


赤瓦の上には必ず、シーサーがいます。それぞれ、色々な表情のシーサーを
見るのも面白いんです。
f0232994_3241626.jpg

竹富島といえば、水牛観光。水牛車にのって、町並み観光。
水牛の、のんびりペースで島の風景を眺め、水牛をたくみにあやつるお兄さんの奏でる、
三線と島唄のBGMが本当に心地いいんです。狭い道のコーナーも、水牛くんは内輪外輪差
を考えて、ちゃんと曲がってくれます。
f0232994_3312647.jpg

こちらは、潮がみちているときの『コンドイ浜』
潮が引いていると、眩しいくらい白砂がどこまでも広がり、海の色が鮮やかなブルーで、
透明度がバツグンのおだやかなビーチです。
f0232994_3385628.jpg

しかし、この5人組、どこへ行っても、沢山飲んでいたようです…。
なんだか、まったりしてますね〜。
f0232994_3405125.jpg

f0232994_341152.jpg

島の町並みを高い所から見渡せる、『なごみの塔』
定員は1人か2人だったような…。何人で登ったの⁈階段が急で狭いです。
f0232994_3463445.jpg

八重山の原風景が広がり、ゆっくりした島時間に癒される、『竹富島』です。
5人の男達も癒されたのかな〜!?

じろうちゃんと、布江くんは2日目に『竹富島』と『小浜島』行って、(結構、アクティブ)
3日目は『波照間島』へ。
『波照間島』へは石垣港からフェリーで1時間と遠く、有人島としては日本最南端の島です。
「果てのサンゴ(うるま)の島」で、波照間島と言われているらしいです。
フェリーは天候が少しでも悪いと、すぐ欠航になるので、要注意です。
八重山のフェリーは、どこの会社も結構とばします!
f0232994_445354.jpg


大将と私が鈍曇りの『鳩間島』にいる時、じろうちゃん達に連絡したら、『波照間島』は快晴!
との事。「えっー、うそだ〜」と思ってしまいましたが、日焼けした布江くん見て、納得!!
じろうちゃん達に、波照間島の写真、ちょうだい!とおねだりしましたが、ずっと海に入っていて、
写真を撮ってないとの事でしたので、昨年撮った私の写真を紹介します。

『波照間島』は周囲14.8キロ(竹富島周囲9.2キロ、鳩間島周囲3.9キロ)の大きな島ですが
自転車で1時間ちょっとで景勝地をめぐる事が出来ます。レンタカーやレンタバイクもありますが、
私はやっぱり自転車がおすすめです。自転車だとちょっとした風景にもすぐ止まれるし、
風が気持ちいいんです。こちらは島の中心地。民宿やカフェだって色々?あります。
f0232994_4233540.jpg

最南端の海岸へ向かう道。この写真の道は舗装されてまでんでしたが、
ほとんどの道が舗装されていますので、走りやすいです。
f0232994_427324.jpg

日本最南端の碑。ここから島の南東部の高那崎まで断崖絶壁が1キロぐらい、続いています。
海の色は深い紺色。
f0232994_434365.jpg

八重山ナンバーワンのビーチ、『ニシ浜』
はてるまブルーと言われ、ブルーのグラディーションが美しいです。
リーフまで干潮の時は歩いて行けて、珊瑚も美しくシュノーケルするのも楽しい海です。
眺めているだけでも癒されます。
f0232994_574526.jpg


のんびりマイペースな、じろうちゃんと、布江くん!晴れた青空のもと、海に入って、羨ましい!
今回の旅行、日焼け率ナンバーワンの布江くん!『波照間島』へ行ってよかったね〜。
昨年の教訓をいかして、じろうちゃんは紫外線をガードしたみたい…。
f0232994_513359.jpg


# by ikkoku-dou | 2010-05-20 04:35